ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/--(--) --:--
スポンサー広告
えー、まず、ひとこと言わせてください。

きゃあぁぁぁぁ~、ロイ様、素敵ぃぃぃぃ~LOVE

ハイ(^^;)
というわけで、約2年半ぶりの生ロイ様の歌声を堪能してまいりましたよ!

前回、初めて生でロイ様のパフォーマンスを体験し、腰砕けになった(^^)私は、翌日もまたライヴへと足を運び、次回の来日は絶対にロイ様が跪いて歌う位置の正面(←Sweet Spotと名付けよう^^;)を陣取ってやる!と固く心に誓ったのでありますが。

今回、前座がFirewindということで、せっかく最前の可能性も高かった整理番号80番台のチケットをゲットしておきながら、会場に到着したのは19時をちょうどまわった頃でした。


しっかし、こういうどうでもいいときに限って(←毎度のことながら、ファンの方、スミマセン)定刻に始まらないのね、まったくもう。
会場も同じO-Eastということで、いまだにGotthardのことが悔やまれる。
#やっぱりね、好きなバンドの場合、ライヴが始まる直前からもう、お楽しみは始まってますから。まだかまだかと思っていて暗転する、あの瞬間が、いいんですよねぇ。

今回はのんびりロッカーに荷物しまって、靴はきかえて、、、なんてやってても、全然はじまらないんだもん、Firewind。
で、始まってから、人をかきわけて前の方に行ってみたはいいけど、Vo.が全く好みじゃなくてさ。(←ルックスも、歌い方も、パフォーマンスも。)

しかも、こないだHaremのとき、スピーカーに近すぎたせいか、大音量で耳をおかしくしたみたいで、今日もバンドの音が耳に響いて仕方なくてさ。バンドの演奏を楽しむ余裕がないぐらい耳にキンキンくるので、思わず2階まで上がって、トイレットペーパーを耳栓代わりにしてしまったほど。

耳栓入れてからは、ガス・Gのギターを楽しむ余裕も出てきて、意外とこの人、私の好みかも、とか思ったり。(←ルックスも、ギタープレイも。)
#何度か、自分的に「おっ?!」と身を乗り出してしまう場面があった。

一番良かったのは、インストの曲だったな。あれ、なんていう曲だろう。結構プログッシヴな展開を見せる曲だった気がする。
ていうか、ほんと、Vo.が良ければ、もっとオーディエンスを魅了できるバンドなのに、もったいないなぁと思った。今回、代打なんだよね、このVo.。前の正式メンバーのVo.で観てみたかった。

私、ああいう「パワー!!!メタール!!」って感じ(^^;)のゴリオシ系Vo.、苦手みたい。もっとなんていうの、繊細に歌うべきところと緩急つけて欲しいんだよね。エモーショナルさが足りないというか。
感情表現が巧み過ぎるロイ様とは対照的だわ。

途中、立ったまま寝そうになりながら、ようやくFirewindが終わり、おもむろにフロアへ。
ロイ様が跪いてもお姿が見えるよう、できるだけ前へ行けそうな場所を探す。
何とか右の端っこが前の方に行けそうだったので、そこで我慢。
むー、やっぱり中央前方は女性の姿が多いわー。みんなロイ様狙いなのね。

ステージセットチェンジの間、ずっとRattがプロモーションのように流れていたんだけど、なぜかMetallicaの"Fight Fire~"が流れ出して、ひとりでエキサイト。あまり目立たないよう、小刻みにヘドバンしてました(^^;)なぜにこの曲?!

暗転後、「Ghost Opera」のアルバムの幕開けと同じく、ヴァイオリンの調べにのって、女性ヴァイオリニスト登場!と思ったけど、後から考えると、あれ、テープに合わせてバッキング・ヴォーカルのマリが弾く真似してただけのような気も。

ロイ様が登場してからは、基本的に一挙手一投足、視線はロイ様に釘付けだったので、他のことはあまり覚えてません(^^;)

もうねー、終始、ニヤけてましたよ、私。顔が緩んじゃってダメね、もう。
あのナルシスティックな動き、ほんとたまりません。
「セクスィー部長(from『サラリーマンNEO』)」の色香にヤラれた女子みたい、自分(^^)

2曲めから、私が彼らのファンになるきっかけとなった「Black Halo」で掴みとなる2曲"When The Lights Are Down"と"Soul Society"が来て、早くも私、昇天寸前。
曲自体が大好きでエキサイトしちゃうのに、ロイ様のパフォーマンスが重なると、興奮がダブル!みたいな。

まあ、曲順はもう少し工夫の余地があったような気もするが、実際ほとんど聴き込んでなかった新作の曲は、アルバムで聴くより、当然ライヴの方が良く聞こえた。
#まあ、ロイ様の生パフォーマンスさえ観られれば何でもいいんじゃないのか、おい!って感じもしなくもないけどね(^^;)

あと、前回はプレイされなかった"Abandoned"が聴けたのも嬉しかったね。

しかし、「Epica」と「Karma」の曲は盛り上がるな、やっぱり。場内の一体感といったら、もう。
ここ最近、あんまり暴れる系のライヴに行ってなかったから、"Center Of The Universe"とか"Forever"とか"Karma"とかのアンセム・ソングでは、ノリノリになりまくり。
やー、いいね、やっぱり、こういう一緒に盛り上がれる曲は!

そういえば今回、「Fourth Legacy」からは1曲もやらなかったね。"Nights Of Arabia"とか聴きたかったな。
あと、いちばん女性陣をとりこにする必殺"Don't You Cry"も出なかったね。これ歌うときは、後ろから出てこないといけないから、O-Eastでは無理だったのかな(^^;)

代わりに今日一番のときめきソング(爆笑)だったのは、新作の"Love You To Death"かも。これには参った!もう、今アルバム・ヴァージョン聞き返しても、胸がキュンキュンしちゃう(爆)

ああー、やっぱり、例のSweet Spot(前述)を陣取った女性が羨ましくて仕方ない。ちょっとでもこっちに来てくれただけで手振っちゃう私はなんてミーハーなんだ、まったく。

まあ、そんなこんなで、アンコールの"March Of Mephisto"まで、あっという間の1時間半でした。
もう1回観たいけど、8000円はなー。ちょっとなー。しかも横浜だしなー。

DVDでも観て、ひとりでニヤけようかしらね。

One Cold Winters Night (2pc) One Cold Winters Night (2pc)
Kamelot (2006/12/05)

この商品の詳細を見る

関連記事

2007/10/11(Thu) 02:13
Live Review | trackBack(0) | Comments(0)


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 My Life As A Metaller, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。