ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/--(--) --:--
スポンサー広告
やー、またもや、間があき過ぎてしまいましたが、皆さん待ちに待った(?)Metallicaライヴ当日の旅日記、いってみたいと思います!
今回はちょっと写真が少ないので、読みにくいかもです。
#しかし、もう1ヶ月近くも前の出来事だから、記憶がおぼろげになってきてるよ。。。


あれだけ心配したMetallicaチケも無事、手に入り、ぐっすり眠った翌日。
支度してると、MTVでHIMの"Killing Loneliness"がかかる。あ、今日、ライヴだから?
きゃー、ワクワクしちゃう。

朝食後に昨日さんざんお世話になった(?)、ホテルの受付嬢(どうやら彼女は朝から夕方ぐらいまでのシフトらしく、昨日チケを受け取ったときにはすでにいなかった)に「実は良いニュースがあるの!」と言って、昨日、チケ業者が届けてくれたことを報告。これまで、わりと事務的な対応だった彼女も実は結構心配してくれていたらしく、私の報告を聞くと、ぱぁぁ~っと笑顔が広がっていくのがわかった。なんていい娘なんだ!とちょっと感動。

今日はライヴまでにヘルシンキに移動すれば良いので、列車まで少し時間あるし、ホテルの無料インターネットコーナーで座席の位置でも調べてみるか、なんて思い、Metallicaオフィシャルをチェックしてみたんだけど、、、私のチケットには確かにBブロックと書かれているが、チケット情報ページにはBブロックなんて一言も書かれてない。A、C、D、E、Fってな感じ。さらに座席図を見てみると、Bブロックって、ステージの真後ろなんですけど。。。
あー、また不安になってきた。きっと、後から追加で売られたとかに違いない、そうに決まってる、と思い、身支度。
帽子がないことに気づいたときにはすでに、呼んであるタクシーがホテルに到着した後だった。

さっきの受付嬢に「ライヴ楽しんできてね」とスマイルをもらってチェックアウト。タクシーでタンペレの駅まで。
今日もどんよりの曇り空。小雨がパラパラ。
昨日は晴れて良かったなあ。

駅に着くと、なぜかものすごい人混み。日曜だから?
チケット購入カウンターの順番待ちカード(日本でも郵便局とか銀行にあるみたいなやつ)が10数人待ち。
「相変わらずロックな感じの兄ちゃん多いなぁ、あ、SlayerのTシャツ♪」とか思いながら、しばらく人間観察してるうちに自分の番号になり、ヘルシンキまで、と伝えると、次の急行はすでに満席だという。まじかい?!
仕方ないので、さらに次の鈍行のチケットを購入。まあ、ちょっと時間かかるけど、安上がりだからいいか。

出発まで、あと30分ぐらいあるので、駅の売店をチェック。

あら!音楽雑誌のコーナーが充実してる!!!
フィンランドの雑誌だけじゃなく、アメリカからヨーロッパまで、ロックから楽器関係まで(もちろん他のジャンルも沢山あったよ。笑)、私の興味をそそる雑誌がいっぱい!
片っ端からチェックしてたら、30分なんて、あっという間。

結局、迷いに迷った挙句、フィンランドの「INROCK」的な存在(と言っても、Metallicaのジェイムズが表紙)と思われる「SUOSIKKI」、これぞブラックメタル!なImmortalが表紙(!!)の「INFERNO」、やっぱりMetallicaが表紙で前から気になってた「Q」(イギリスの音楽雑誌)、ペトが表紙(はぁと)でインタビューも沢山フィーチュアされてる「Guitar Player」(たぶんアメリカの雑誌)の4冊をお買い上げ。25ユーロぐらい使っちまったぜ。






小腹が減ったとき用に、砂糖がまぶしてある美味しそうなパンを買って、ホームへGO!
電車はすでにホームに着いていて、鈍行なので、けっこう席がいっぱいになりかけてた。こないだ乗った急行とは違って、鈍行はすべてボックス席になっているようだ。(JR東海道線みたいな感じ。笑。)
とりあえずトランクは通路の脇に置いて、トランクが見える席を確保。
・・・と、斜め向かいの男の子がMetallicaのTシャツ着てる!あ、その向かいに座ってる子も!どうやら一緒にヘルシンキに向かうようだ。

気になって仕方ないので、電車が動き出してから間もなく、話しかけてみる。
私の真向かいに座ってる女の子も連れだったらしく、無口なひとりを除き、3人でロック談義。
「日本からMetallicaを観るために来たの」と言うだけで、つかみはOK!
「フィンランドのバンドも結構好きで」なんて言うと、「Sonataは?Bodomは?」といった具合(^^)
女の子はSonataがもうすぐ来日することまで知ってたので、「好きなんだ?」と聞くと、「いや、実はあんまり。私はコレ」と言って、下に着ていたKornのTシャツを見せてくれた。
#しかし、その娘もそうだったんだけど、フィンランド人、結構メガネ率高いんだよね。しかもみんな、フレームの横が太めの細長いスクエア型。しかも大体、黒いフレーム。Von Hertzen Brothersもそんな感じだったような。フィンランドで流行ってるのか?

はじめに私が話しかけた男の子は17歳だというから、「何歳からMetallica聴いてるの?!」とたずねると、「お父さんが好きだから、生まれたときからかな」だって。あらまあ。でもやっぱり好きなアルバムはMasterで、まあ、最近のやつもそれなりに好きだよ、とのこと。
まだ学校で英語を習っている最中らしく、考えながら、たどたどしく英語を話す姿が可愛らしい。彼ぐらいの英語レベルが私にとってはちょうど良いのかも。(大人の人はもっと流暢に英語話せるからね。)

さっき買ったばかりの雑誌をネタに、「Ari Koivunenって、ものすごく売れてるみたいだけど、どんな感じの音なの?」とか聞いてみたり。(ここで2人が結構メタルっぽいよ、と言ったので、後でCDを買うことに。)

そんなこんなで、わりと時間は早く過ぎていったのだが、各駅に停車するたび、Metallica Tシャツに身を包んだ兄ちゃん達がどんどん乗り込んでくる。
しまいには、通路もすべて埋まり、乗車率は150%って感じ。しかもほとんどメタルな感じの兄ちゃんばっか。一応、夏なのに(涼しいけど)革ジャンとか。
一般の人、いい迷惑だね。
Crazy Train!ハッハッハッハー!(By Ozzy)って感じだ。すごいなー、フィンランド。軽く、国中がMetallica祭りジャン。
#ちなみに、さっきの17歳の男の子は、タンペレよりちょい先のNokia(あのNokiaが生まれた街なんだって!)から来たと言っていた。

Korn Tシャツの女の子は荷物を置いてから後で行くからと言って途中下車し、17歳の男の子も、なぜかヘルシンキの一つ手前の駅で、ほとんどのMetallica Tシャツ組と共に下車していった。
たぶん、ライヴ会場のオリンピック競技場には近いのかもしれないけど、私は一回ホテルにトランクを置きにいかないといけないので、終点のヘルシンキまで。

駅の外に出ると、車窓から見ていたどんより曇り空とは打って変わって、いいお天気。良かったぁ~、雨の中ライヴじゃなくて。

今日の滞在先は、「Scandic Continental」という、ヘルシンキの駅とオリンピック競技場の中間地点にあるホテル。
道は真っ直ぐで、行きたい方向はわかっているのだが、どこにトラム乗り場があって、どっから乗るのかがよくわからん。
タクシーという手もあったけど、トラムの方が安上がりだし、ホテルの場所は大体わかってるので、しばらくウロウロしてから、人が集まってる乗り場らしきところに到着。今度は、なんていう乗り場で降りればいいかがわからないので、とりあえず「地球の歩き方」を見て、なんとなく近そうなオペラホールを目安にしてみることにした。
そばにいた女の子に聞いてみると、どのトラムもオペラホールに行くというので、とりあえず乗ってみる。

・・・と、オペラホールのひとつ手前の乗り場でホテル発見!降りようとしたときにはすでに手遅れで、結局、トラム一駅分、重いトランクを引っ張って、来た道を戻ることに。とほほ。

その間にも、続々とMetallica Tシャツを着た一団とすれ違う。えー、まだ15時ぐらいなのに、こんなにライヴ会場に向かう人いるのー?!
あ、スタンディングの人か?とか思いつつ、焦りながらホテルへ。

ホテル周辺もMetallica Tシャツがうようよ。おかしいよ!このMetallica人口の多さ!

今日のホテルは昨日とは違ってかなり大型。確か、ヘルシンキで一番部屋数が多いホテルだったような。
でも、相変わらず日本人は見かけないまま部屋へ。今日はシングルだ。部屋のインテリアも特に北欧らしくない。しかもMTV入んないや。
とりあえず、タンペレの駅で買った菓子パンをお昼代わりに。
でも、ゆっくりなんてしてられないので、すぐさま支度してホテルを後にする。

あ、The 69 Eyesの「Angels」のアルバムジャケのラッピングバスが走ってるのを発見!
きー!写真撮り逃した!

オリンピック競技場までトラムで二駅だったので、体力温存のため、歩かずにトラムに乗ってみることにする。

が、みんな一駅先のオペラホールで下車。どうやら、このへんに飲食店が多いらしい。どこも混んでる。みんな腹ごしらえしてるみたい。なんか、MetClubの垂れ幕はってある店とかあって、Metallicaが流れてきてるんですけど!きゃー。テンション上がりまくり!

オリンピック競技場にほど近いトラム乗り場周辺には何もなく、ここで降りる人はほとんどいなかった。むむぅ。

気を取り直して、オリンピック競技場の名物、タワーが見える方向に向かって歩く。

~後編へ続く。
#ちょっと引っ張りすぎ?!(^^;)
関連記事



焦らされ感もたまりません。何より、ライブ前の臨場感が伝わってきて、ワクワクしてきます。
【2007/08/15 22:29】 URL | 合奏屋 #XO1QcXfI[ 編集]

いや、別に焦らしてるつもりはないのですが。。。(^^;)
いろいろ書いてると長くなってしまって。。。
あんまり長くなると読みにくいかな、と思って前後編に
分けてる次第であります。
【2007/08/16 15:00】 URL | Shield #-[ 編集]

まだ前編かよ!
早くしろ!(笑)
【2007/08/21 00:21】 URL | TAK #-[ 編集]

いろいろ忙しいのよ!
そのうちまとめてUPするつもりだから、もうちょっと
ご辛抱ください!
【2007/08/21 01:22】 URL | Shield #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 My Life As A Metaller, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。