ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/--(--) --:--
スポンサー広告
えーっと、またもやライヴ当日に書けなかったので、既に余韻が冷めた状態で書きますが、まあ、心配してたほど退屈ではなかったです、ハイ。
知ってる曲、2曲しかなかったけど。

1時間半強のセットだったと思うけど、そのうち1時間ぐらいはゲイリーのギター・ソロ・タイムだったような印象です。
事前に聞いていた通り、音もかなりデカかったし、まあ、弾きまくりですよ。弾いて弾いて弾き倒した感じですね。
声もめちゃくちゃよく出てたし、プレイは冴え渡っていたし、トーンも美しかったし、「ゲイリー・ムーアのギター・プレイを満喫する」という意味では、確かに素晴らしいショウだった。

・・・でもね。
なんか物足りないんですよ。
知らない曲ばっかりだったせいもあるかもしれない。
実際、"Still Got The Blues"が始まったときは満面の笑みになってしまったし、"Parisienne Walkways"では胸にキュンキュンきて泣きそうになった。

そう、私がこれまで親しんできたのは、やっぱりハード・ロックなゲイリーな訳で。
今回はそういう主旨じゃないとわかっていても、せめて"Empty Rooms"ぐらいは、、、とか、いろいろ思ってしまう。

あとは座席の位置が悪かったのも良くなかったねー。
JCBホール、今回初めて行きましたが、アリーナは傾斜が全くないので、ホンッと、観づらいです。
ぶっちゃけ、二度と行きたくないと思いました。
バルコニー席の方が全然観やすいんじゃないでしょうか。

自分の席を見つけたとき、(まあ、会場着いた瞬間から感じたことだけど)周りがオッサンだらけで、椅子に座った状態でもステージがほとんど見えないことに驚愕。
このまま座ったままでショウが進むのかと思いきや、暗転した瞬間、皆が立ち上がって、さらにステージが見えなくなって、もう唖然。ナニコレ、みたいな。

ここんとこ、席ナシの会場に慣れちゃったからなー。席アリだと、どんなに観づらい位置だとしても、全く動けないのがツラ過ぎる。
結局、初めの方はずーっと爪先立ち状態、途中から疲れてきて「くっそー、椅子の上に立ってやろうか」とか思ったけど、さすがに後ろの人に迷惑なので、自分のカバンを踏み台にして、何とか視界を確保。
それでもようやくゲイリーの手元が見えるぐらいで、他のバンド・メンバーはほとんど見えませんでした。。。ていうか、あの人達は一体何者だったんでしょうか・・・?

メンバー紹介もなかったけど、かなり上機嫌に見えたゲイリー、最後のMCでは「来年また会おう!来年だぞ!」と強調してました。
ホントだな?ホントに戻ってきなさいよ?!
ったく、自分が飛行機嫌いとか言って、長いこと来なかったくせに。。。

あー、次はやっぱり「Wild Frontier」の曲が聴きたい。ホント。

あと、久々にゲイリーの速弾きを聴いてたら、やっぱジョン・サイクスってゲイリー直系だなぁ・・・、なんて当たり前のことを改めて痛感してしまったりして、"I miss ya, John..."的な気持ちになったことは言うまでもありません。
最近、何やってるのかなぁ、殿。。。

そもそも私、Blue Murder→Whitesnake→Thin Lizzy→Gary Mooreっていう辿り方してるので、ゲイリーよりサイクシーの方が先なんですよ、自分的には。。。
なので、後追いのくせに、ゲイリー来日は、15年以上も心待ちにしてたんです、実は。
#私がジョン・サイクスに夢中だったのは高校時代だからね。。。

しかし、ゲイリーって、日本でこんなに人気あるとは思いませんでした。
JCBホールはほぼ満席だったと思うし、AXも国際フォーラムも結構人入ってたんでしょ?
若い人がほぼ皆無だったことを考えると、複数回行ったオッサンがほとんどだったのかなぁ。
ベック&クラプトンのときか、それ以上に、異様なまでのオッサン率でした。

そんなリアルタイム世代?と思われる方のレポートが2つほど見つかりましたので、勝手にリンク貼っておきます。
セットリストも下記のレポートに書かれてるので、省略。。。

ゲイリー・ムーア @ SHIBUYA-AX | 洋楽ライブレポート | RO69

ゲイリー・ムーア : 4月27日 JCB HALL公演 - 冷却システムはオプション

関連記事

2010/04/30(Fri) 02:22
Live Review | trackBack(0) | Comments(5)



お久しぶりです!JCBホールは、難儀でしたね…。次回の来日で、万全の位置と聴きたい名曲を期待しましょう!

AXは、若い層多かったですよ!ベテラン組には、負けますが…。
【2010/04/30 03:47】 URL | M-400 #-[ 編集]

ジョン・サイクス、ヴィヴィアン・キャンベルとかね。こないだスティーヴ・スティーヴンスのビデオを見てたら彼もそうなんじゃないかって。
ストラトで、あんなぶっとい音が出るんだって思ったCorridors Of Powerあたりのを聴きたいね。ドラムスはイアン・ペイスもいいけど、トミー・アルドリッヂで聴きたい。
そうです。私がオッサンです。
【2010/04/30 11:25】 URL | tkguitar #-[ 編集]

>M-400さん
どうもです!毎週のようにPRT4時台でリクエスト読まれてますね!(^^)
mixi日記も時々拝見してますが、コメント残さずスミマセン。。。

次回来日、実現するといいですね。。。
もしかしたらHigh Voltage Fes.観に行っちゃうかも、、、Opethも出るし♪

AXは唯一スタンディングだったので、若い層が目立ったのかもしれませんね。


>tkguitarさん
オッサン、オッサン、連発しちゃってスミマセン。。。
ヴィヴィアンとスティーヴ・スティーヴンスもゲイリー・ムーアに影響受けてるんですか?!

わたし的には、ゲイリーはストラトよりレス・ポールのイメージだなぁ・・・。
Corridors~はモチロン好きですけど。

トミー・アルドリッヂはWhitesnake関係でいい加減に見飽きたので(←いつもワンパターンだし)、ブライアン・ダウニーが観たいです!
【2010/05/02 03:47】 URL | Shield #-[ 編集]

ゲイリーいーなー。
見たかったけど、最近仕事が鬼のように忙しくて
平日ライブほとんど無理です(ToT)

これ系のギタリストは大概おっさんしか聴いてないです(笑)
この前のBeckはおっさんOnlyに近かったし。
ギャルが泣きのギターで泣く事はなさそうです。。。
【2010/05/03 21:11】 URL | Mark #6mhiDe5.[ 編集]

>Markさん
おお、お久しぶりです!
なのに、すっかりレス遅くなって、ホントすみません。。。<(_ _)>

あらら、そんなに忙しかったのですね、、、お疲れさまです。
ゲイリーはもうちょっとハード・ロック寄りかと思ったんだけど、ベックとかクラプトンと同じ層っぽかったです、確かに。
まあ、あの顔だし(←失礼)、若い女子に受ける要素なんて何一つ見つからないよな。。。
【2010/05/07 21:44】 URL | Shield #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 My Life As A Metaller, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。