ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/--(--) --:--
スポンサー広告
えーっと、私がEuropeのライヴを観たのは、確か2007年4月以来、2回目です。
そう、完全に後追いなので、彼らについて、詳しいことはあんまよく判ってません。

ただ、前回観たときより、今の方が明らかにEurope好き度は高まってる。
たぶんスウェーデン熱のせいもあるのかなー。もちろんOpethメンバー全員、Europeは通り過ぎてるしね。

あと、コアなファンの皆様からは不評らしい新作「Last Look At Eden」、私は(思いっきりZep&白蛇っぽい感じが)結構気に入ってたりして。
反対に、その前の2作「Start From The Dark」「Secret Society」は全く好きになれなかったんだけど、今回の新曲はライヴ映えしそうだなと思ったこともあり、迷った結果、参戦を決めました。

Last Look at EdenLast Look at Eden
(2009/09/14)
Europe

商品詳細を見る


ここ最近、ちょっと仕事がトラブったりしてたこともあり、暗澹とした気持ちで会場に着いたのは開演15分前ぐらい。
あらら、金曜のせいか、場内ほぼ満員。
どうせ前の方は空いてるだろうと思い、お手洗いを済ませ、ドリンクを引き取り、人を掻き分けてジョン・ノーラム側前方ブロックに陣取る。なんだ、まだ全然見やすい場所あるじゃん。

間もなく19時ジャストで暗転、新作のオープニングと同様、"Prelude"に導かれて"Last Look At Eden"でショウが始まる。
おー、ジョーイ・テンペスト、よく声出てるなー。ジョン・ノーラムはV使うのかー。
私の位置からはジョン・レヴィンとミック・ミカエリはよく見えず。
イアン・ホグランドって前からスキン・ヘッドだったっけ?

2曲目、思いっきりダウン・チューニングの曲が始まって、「あ、前のアルバムの曲か、、、むむぅ」と思ったら、やはりそう。
3曲目の"Superstitious"でちょっとテンション上がって、"Scream of Anger"でやっぱり「うぉー、キター!」って感じ。
なんで歌詞カードとか読み込んだわけでもないのに、こんなに歌えてるんだ、自分。スウェ人の英語は聞き取りやすいせいか。

ジョーイは日本語駆使したMCで、元アイドル・バンド(?)のヴォーカルって感じがひしひしと伝わってくる。や、実際、女性率高いライヴ、久々だったもので。
マイク・スタンドさばきは、やっぱりデビカバに影響受けてるの?
煽り方とか、動きとか、ああ、フロントマンとしてのパフォーマンスが手慣れたものだなぁ、みたいな、変な感動を覚える。

"Open Your Heart"は昨日はプレイされなかったのかな、急遽、リクエストに応えてちょっとだけプレイしたように見えたけど、やっぱり嬉しい。"Carrie"よりコッチをフルでプレイして欲しかった。

続いて"Seven Doors Hotel"のオープニングに流れたのも良かったねぇ!このあたりが自分的に一番テンション上がったかな。その後、どんどんテンション下がっていったので。。。
チューハイでほろ酔いだったこともあり、またもや大声で歌いまくり。

ジョン・ノーラムのギター・プレイはぶっちゃけあんまり感激しなかったなぁ、今回。
胸にまったくキュンキュンこなかったもの。何だろう、音作りのせいかなぁ。
あと、昔の曲とか勝手にアレンジしちゃうのがイヤだった。
ギター・ソロとか、原曲に忠実に弾いてくれよ!みたいな。

ジョーイが「1stアルバムからスペシャルな曲をプレイする」的なこと言うから超期待したけど、プレイされた"Memories"には、私はさほど思い入れはなく。"Paradize Bay"とか"King Will Return"の方が好きなんです、ハイ。

新譜から味わい深いバラード"New Love in Town"は良かったけど、ここから最近の曲が2曲続いてすっかり眠くなる。だーかーらぁ、ノーラムのダウンチューニングは好きじゃないんだってばー。。。
でも、結構、オーディエンスの反応良いのねー。意外。

「日本にインスパイアされて書いた曲」というジョーイのMCで、ああ、"Ninja"か、と思うけど、これまた自分的には微妙。
「日本でしかプレイしない」とかでジョーイが場内を煽りまくるけど、うーん、もっとプレイして欲しい曲あるんですけど。。。

"Cherokee"、"Rock The Night"と定番曲が続き、本編終了。
なぜノーラムよ、"Rock now, rock the night きゅいーん♪"っていうギター・プレイ(チョーキング?)をやってくれないの?!
もう、アノ泣きの音が大好きな自分としては、超消化不良!

"Beast"は新譜の中ではわりと好きな曲だけど、アンコール1曲目に持ってくるのはどうかと。。。
うーん、やっぱり「今のEurope」を観てもらいたいってことなんだろうけどさー、うー。
"Final Countdown"のイントロがきて、「あー、これで終わりかー、また"Stormwind"聴けなかったかー」と寂しくなる。

わー、なんか不満ばっかでゴメンナサイ!
前半はかなりノリノリ、いい気分で観てたのよ。でも、途中からあれこれ不満が出てきちゃって、何だかナァ、みたいな気持ちになってしまった。
うーん、たぶん私は昔の曲聴きたいだけなんだな。全盛期のライヴ体験してないし。

そういえば前回、私のかなり大好きな"Yesterday's News"がプレイされてたみたいなんだけど、これが全く記憶にないんだよねー、なぜだろう。
まあ、その時々で感じ方も違ったりするので、あんま偉そうなことは言えないです、スミマセン。

全体的に見れば、やっぱ行って良かったと思いますよ、うん。
セットリストは下記の通り。


関連記事

2010/03/28(Sun) 22:10
Live Review | trackBack(0) | Comments(0)


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 My Life As A Metaller, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。