ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/--(--) --:--
スポンサー広告
何気にこのblogでは、Fair Warningの話題って、あんまり書いたことありませんでしたね、そういえば。

いや、まあ、実際、私の中では「昔、大好きだったバンド」っていう過去形の存在ではあるのですが、昨年末来日したGunsみたいに「もう観に行く気すら起きない」っていうほど愛想を尽かしている訳でもなく、アルバムが出れば気になるし、来日すれば観に行ってしまうという、何だか腐れ縁(?)みたいな感じなのです。

・・・そうねぇ、Helloweenと同じような位置づけかな、自分的には。
ちょうど私の高校時代の三大ヒーロー(?)がジョン・サイクス、アンディ・デリス、ウレ・リトゲンだったこともあり、Blue Murder周辺(Whitesnake、Thin Lizzyも含む)、Helloween周辺(Pink Cream 69も含む)、Fair Warningというのは、共に青春時代の1ページを刻んだ、忘れもしない曲ばかりなのですよ。

聴くだけで、当時の痛々しい、いや、今思うと良い想い出?みたいな出来事が走馬灯のように蘇ってきたりして、普段は全く聴かないがゆえに、ライヴで聴くと、思わず泣きそうになったりするんですよね。

だもんで、今回も"Save Me"とか"Longing For Love"とか、初期3枚のアルバムの曲で、何度かウルっとしてしまいました。
いや、ほんと懐かしい。懐かしすぎる。
確か私が彼らの来日公演を初めて観たのは「Rainmaker」のときだったはずだから、それから15年とか?!うひゃー!って感じ(^^;)
当時、ほんとクソ真面目に歌詞カードとか読んで、覚えて、一緒に歌ってたから、そのときの記憶っていうのは、今でも鮮明なもんなのね。びっくりするぐらい歌詞がスラスラと出てきて、自分でも驚いた。脳ってすごい。(←そこか?^^;)

今回、前から3列目(しかも2列目の人がいなかったから、実質2列目)のウレ目の前という、見えすぎちゃって困るわ的な席だったのと、(Loud Parkでの割れまくりの酷いサウンドと比べて)音のバランスがとても聴きやすくて良かったことで、ヴィジュアル的にもサウンド的にも、かなり楽しめました。

え、ヴィジュアル的に何が楽しいかって?
「やー、トミー、(頭髪のことは敢えて触れないようにするとしても)シャツの上からでもポッコリお腹が隠せてないなぁ・・・、なんか、ずんぐりむっくりって感じ」とか、「ヘルゲはギター弾いてるときが(あれでも)いちばんカッコよく見えるもんだなぁ」とか、「そういえばウレのプレイをまじまじと眺めたことってそんなに無かったかもしれん」とか、「C.C.の叩き方は特徴あって、本人かなり気持ち良さそうだけど、たびたび他の楽器陣とズレるなぁ」とか、いろいろ観察してたわけですよ(^^;)

今回、"さくらさくら~Kashmir"とか、(キーボードの)トーステンをフィーチュアした場面が増えてたりとか、アレンジに変化を加えてきたのが良かったですね。
前回のツアー(2006年)では、東京公演がLoud Parkと被ったので、広島・名古屋まで遠征したのですが、そのとき「この人達、'90年代とやってること全然変わってないじゃないか・・・」ってガッカリしたんですよ、ほんとアレンジとかMCとか昔と全部一緒で。
・・・まあ、普段、プログレっぽいのとか聴いてるせいで、彼らにも変な期待を持ってしまったのかもしれませんが。。。

なので今回は、いつもと違うアレンジがちょっと足されただけで「ほほぅ、そう来ますか!」って感じで嬉しかった。
普段ライヴやってないのはわかるけど、基本、スキルはすごくある人達ばかりなのだから、やっぱり毎回同じ選曲・アレンジ・MCじゃぁ、ちょっと工夫が足りないんじゃない?って思っちゃうよね、何度も観てたら。

・・・って、ちょっと批判的になりましたが、今回トミーは本当に(いつもと比べて)声がよく出ていたし、上述の通り、楽器陣もかなり練習してきたっぽいし、サポートのニクラス(だっけ?ウリ・ジョン・ロートのバックでこないだも来日してたらしい人)はギターだけじゃなくコーラスも上手にコナしていて、前回のツアーよりも随分良くなったと思いますよ。

あとは、、、プレイする曲順と、いっつも同じ曲ばっかやるんじゃなく、たまにはマイナーな曲もプレイしてみるとか、まあ、皆思うことは一緒ですね。。。

しっかし、あの恥ずかしいまでに80~90年代風のトミーのMCを聞いていて、何度かこっちが赤面してしまいそうだった(^^;)
ああいうのがきっと「いい人そう」という印象に繋がり、日本での人気に拍車をかけるのかなぁ、とか思ったり。
ちゃんと昔からのファンだけじゃなく、(おそらく)最近のファンも開拓できているのが凄いと思いますよ。
まあ、なんだかんだ言って、良い曲多いからね。世代とか関係ないのかもしれない。

・・・ま、そんな感じで私情だらけのレポになってしまいましたが、セットリストはこんな感じでした。
#コピペ元のPRTには「大阪のセットリスト」って書いてあったけど、たぶん全日、同じだよね?

fw.jpg
関連記事

2010/01/24(Sun) 21:05
Live Review | trackBack(0) | Comments(0)


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 My Life As A Metaller, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。