ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/--(--) --:--
スポンサー広告
やー、ほんとは行くつもりなかったんですが、というか、当初は今日(1/13)MSGを観に行く予定でいたので(&明日はRodGabを観に行くので)3日連続ライヴはキツイなと思ってチケット取るのを躊躇してたんですが、気づいたら売切れ、そして観れないと思うと観たくなるのが人間の心理というもので。

この冬いちばんの冷え込みで雪までチラついたという中、当日券、並びましたよ!あと5人ぐらいってところで(つまり目の前で)売り切れましたよ!(泣)
まあ、並び始めたのが販売開始の15分前とかだったからなぁ、ダメもとだったしな~ってことで、ダフ屋と交渉しようとするも、「今日は末席でも最低3万はするよー。人気あり過ぎて、俺らんとこにもあんまり回ってこねーんだよ」と言われ、玉砕。。。

スタッフの「開演後であれば、売れる席が出るかもしれません」との言葉を信じ、しばらくスタバで時間を潰すことに。
・・・その後、開演5分前に当日券売場に戻ると、さっきから1時間以上並び続けてた人もチラホラ、、、皆、必死だなぁ。。。

開演時刻を過ぎて、場内の大歓声が聞こえる中、「早く状況確認しろよ!」とキレる人あり、ようやく当日券販売再開。
結局、その場にいた数十人全員、中に入れたみたい。良かったね、皆!

私は3曲目の"Supermassive Black Hole"の途中から、2階席スタンド東側という、ほぼステージ真横の上の方の末席をかろうじて確保。
まあ、この際、贅沢は言ってられない、、、観れるだけ良しとしよう。。。
#ああ、でも、オープニングの"Uprising"で一緒にHey!ってやりたかったよぅ・・・(涙)

・・・だもんで、彼らのライヴ・パフォーマンスの醍醐味でもある、ライティングとバックスクリーンの映像効果を充分に味わえたかというと、けっこう微妙な感じで。。。
フロアで完全にMuseワールドに陶酔できてる人達が羨ましかったです、やっぱり。

ただ武道館はそんなにステージが遠くないので、メンバーの動きはハッキリ見えて、まあ、純粋な意味での彼らのパフォーマンスは楽しめたのかな、、、と思うことにします。表情とかは一切わかんなかったけどねー。
あと、意外と音が悪くなかったのは嬉しかったな。あんなに真横だったにも関わらず。ヴォリューム的にもちょうど良かった。

今回は、新作「The Resistence」のQueen風味な曲達がライヴでどんな風に味付けされるのかっていうのが最大の関心事だったんだけど、そういう意味では、"United States of Eurasia"が一番のハイライトだったんじゃないかな。
曲がもともとカッコ良すぎるんだけど、ライヴで聴くと鳥肌立つほどだった。
・・・せっかくなら、ラストのショパンまで、ちゃんと弾いてくれれば良かったのになぁ。。。

ていうか!今回、マシューのピアノ・プレイが少なすぎじゃなかったですかね?!
せっかくクラシック・テイスト溢れるアルバムなのに!もっとガンガン鍵盤フィーチュアして欲しかった。
"I Belong To You"も聴きたかったし、"Exogenesis"も、Overtureだけプレイするとか、プログレ・ファンとしては(?)あり得ないだろ!って感じでしたね。普通、三部作っていうのは、通しで全部プレイするもんでしょ。ねぇ?

The ResistanceThe Resistance
(2009/09/15)
Muse

商品詳細を見る


・・・まあ、Museにそんなプログレ的な展開を期待してるファンは私ぐらいなのかな・・・。

プログレ繋がり(?)ってことで言うと、私が彼らを知るきっかけとなった「Absolution」の曲が少なかったのも残念だったね。
最終日だし、2回ぐらいアンコールやって、最後の最後に"Stockholm Syndrome"が来るんじゃないか!なんて期待してたこともあり、"Knights of Cydonia"の後、客電ついちゃったときは、思わず涙目(>_<)
まあ、"Time is Running Out"とか"Hysteria"だけでも充分嬉しかったし、盛り上がれたけどねー、、、やっぱ"Stockholm~"のあのリフが聴きたかったですわ、もう一度。

そう、前回があまりにも豪華すぎるセットリストだったので、余計に今回が淡白に感じられたのかもしれない。
えっ、最終日なのに、こんなもん?!みたいな。

・・・あー、なんか不満ばっかになっちゃったけど、これでもかなり満足度は高かったのですよ、全体として見てみれば。メンバーの調子も良かったと思うし。

"君の瞳に恋してる"は、カヴァーしてること自体知らなかったから、マシューがMCで「カヴァー・ソングをやるよ」とか言ったとき、「ええ?」と驚き、さらにこの曲だとわかって二重にビックリ!みたいな感じでした。
もともと私は大好きな曲なので、一緒に歌って踊って、かなり楽しめたし♪
#Museファン的にはレアだったという"Dead Star"は、、、スミマセン、私は「Absolution」以降のファンなもので、あんまよくわかりませんでした。。。

あとはアンコールでドムがガチャピンの着ぐるみで登場して、そのままドラム叩くなんていう可愛らしい(←女子ウケが物凄かった!)サプライズもありましたね。
#mixiのコミュに載ってた写真を勝手に拝借(↓)

muse_20100114005942.jpg

いやー、しかし、既にあれだけの世界観を築き上げていて&(マニア層だけじゃなく)広く評価されていて、新旧のファンの心をガッツリ掴んで離さないパフォーマンスを魅せつける彼らは、ホント凄いと思いますよ!

やっぱり、女子ウケがいいバンドというのは強いね。
今回、こんなにMuseってチケット取るの大変なほど人気あるバンドだったんだなー、、、っていうのと、女の子達の「きゃあぁぁぁ~!」っていう物凄い黄色い歓声が、何気にいちばん印象に残った気がします。
あれだけ一挙手一投足に反応してキャーキャー叫ばれたら、さぞかし気持ちいいだろうな、メンバー、、、とか、冷静に思ったりしてました、ライヴの最中(^^;)

次はどうやら夏フェスで戻ってくるということらしいので、フジだと十中八九無理だけど、サマソニだったらちょっと考えようかな、という感じです。
次回はしっかりチケット確保して、十二分にMuseワールドを堪能したいぞ!

以下、今回のセットリストをコピペ。



ちなみに前回(2007年の国際フォーラム)は、こんな感じだったみたい。(←さすがに覚えてないので、コピペです。。。)

1. Take A Bow
2. Hysteria
3. Map Of The Problematique
4. Butterflies & Hurricanes
5. Assassin
6. Sing For Absolution
7. Citizen Erased
8. Hoodoo
9. Apocalypse Please
10. Feeling Good
11. Sunburn
12. Starlight
13. Time Is Running Out
14. New Born
15. Forced In
16. Bliss
---Encore 1--------
17. Solder's Poem
18. Invincible
19. Supermassive Black Hole
20. Stockholm Syndrome
---Encore 2--------
21. City Of Delusion
22. Plug In Baby
23. Knights Of Cydonia

・・・うーん、やっぱ、このときが豪華すぎでしたね。。。
関連記事

2010/01/14(Thu) 01:00
Live Review | trackBack(0) | Comments(0)

















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 My Life As A Metaller, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。