ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/--(--) --:--
スポンサー広告
えーっと、すっかり遅くなってしまいましたが、昨日7/17に、前回に引き続き二度目の参加となるAMNさん主催のブロガーイベントに参加してきました。
#どーでもいーけど、久々に実家の古PCから更新しているので、一度書き上げた渾身のレポートが全部消えたりして、もう死にそうでした。。。(号泣)

今回はPanasonicさんが開発した3DフルHDプラズマディスプレイ(以下、PDP)を特別に観せていただけるということで、そそくさと仕事を切り上げて、都内某所(場所はヒミツ♪)まで行ってまいりましたよ!

この日集まったブロガーは約40名。
普段は一般公開していない、Panasonicのテクノロジー&ソリューション紹介エリアを見学後、現在はまだ試作段階の103インチPDP(2D映像および3D映像)を鑑賞させていただき、最後に技術者の方のプレゼン&質疑応答という流れ。

まあ、しかし、参加者の皆さんの質問がマニアックなこと!
「フレームレート」とか、普通に会話に出てきて、これ、ド素人の人には意味不明なんじゃ??と思われる場面多数。
別に、今回の参加条件として、映像技術に関する知識があること、なんて制限はなかったはずだけどなぁ(^^;)

フツーの人にとって3Dと言えば、赤と青のセロファンのメガネをかけて見ると飛び出して見える!というイメージが強いかと思いますが、今回のもまさにその延長線上にあるもの。
右眼用の映像と左眼用の映像が交互に再生されていて、メガネをかけずに見ると2つの映像が重なって見えるんだけど、メガネをかけると立体に見えるという仕組み。

さすがにメガネも進化していて、まあ、サングラスに見えなくも、ないかな?
重さは約70g。かなり軽いです。

glass.jpg

最初にテクノロジー&ソリューション紹介エリアでPDP4連結の大画面映像を観せていただき、その鮮明さと美しさに大感激したのだけど、間近で観た103インチPDPの2D映像は、試作機のせいなのか、さほど鮮明な感じがしなかった。ちょっと離れて観た方が良かったのかな。
#103インチと言ってもピンと来ないかもしれないけど、縦2m×横3.5mだそうです。かーなーり、デカイです。

3D映像は、CGアニメと実写の2種類を観せていただいたのだけど、これは確かにスゴイ迫力。さすがフルHD。綺麗!
私も説明してもらうまで、「3D」で「フルHD」って何が凄いのかよくわかってなかったんだけど、要は、右眼用の映像も左眼用の映像もフルHD画質、つまり通常の2倍の情報量を表示・再生できていることが凄いんです。
これまでは、右と左両方の映像を表示・再生するために、半分の画質に落とさざるを得なかったんだとか。

すでにアメリカの映画館では、約2000館で3Dの上映が可能になっていて、入場料も当然、3Dの方が2Dより高いんだけど、(3Dの方が)圧倒的に人気があって、収益も(2Dの)3~4倍になっているらしい。
そりゃぁ、ハリウッドも真剣に取り組むわな。

映画館の次は当然家庭向けってことで、今回の3DフルHD PDPは、それを視野に入れたもの。
(私はいまだにブルーレイ・レコーダすら持ってませんが)ブルーレイ・ディスクには50GBものデータを収録できるので、3Dコンテンツ、すなわち現在の情報量の2倍分のデータを収録しても全く問題ないんだって。
Panasonicさんは、そうした関連技術の規格(HDMIケーブルとか)の標準化に向けても着々と準備を進めているそう。

・・・なんか、もう、おうちで3Dの映画を楽しむ時代がすぐそこまで来ているって、凄いことじゃないですか?!ちょっとビックリです。
今はCGアニメが中心だけど、将来的には実写の3D化も進んでいくとなると、何だか、ほぇ~、、、って感じです。
おうちであのメガネをかけて観ている姿がいまいち実感わきません。

でも、まあ、個人的には、やっぱ映画よりも音楽だよね!ってことで、質疑応答時間に聞いてみました、「コンサートの3D映像を収録するとかっていう試みは、まだないんですか?」と(^^)
今はやはりハリウッドが中心となって進んでいる試みなので、映画業界がほとんどだけど、いずれはスポーツやコンサートでもそういう試みが進んでいくのではないか、とのお答え。
うーん、まあ、そうだよねぇ、、、カメラも通常の2倍の台数必要になるわけだし、オーサリングも大変そうだし。。。

でも、もしOpethやDTやMetallicaが3Dライヴ映像を収録したブルーレイを発売するなんてことになったら、間違いなく機材揃えたくなりそう、自分。
てゆーか、大興奮でしょ、奥さん!!(爆)

・・・ちょっと想像だけで興奮し過ぎました。。。(^^;)

まあ、何はともあれ、今後は日本でも3D対応の映画館は増えていくのだろうし、そういう流れが目の前まで来ているということを知れて、良かったです。

AMNさん、Panasonicさん、どうもありがとうございました。


追伸)
私の拙い説明では何だかよくわからん!もっと詳しく知りたいぞ!という方は、PanasonicさんがCEATEC JAPANInternational CESに出展されたときのレポート、他のブロガーさん達のレポートが参考になると思いますので、合わせてご覧くださいませ。
ついでに、「3D映画」についてのこんな解説あんな解説も見つけました。
関連記事

2009/07/18(Sat) 21:40
My Life as a Blogger | trackBack(0) | Comments(0)


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 My Life As A Metaller, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。