ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/--(--) --:--
スポンサー広告
はい!
というわけで、早速、旅日記第一弾いきます!

今日更新する分までは、iPhoneで書きためてあったので、比較的ラクにUPできるのですが、これ以降がまったく記録に残ってないので、書くのがかーなーり、大変!
第二弾はいつになるかわかんないけど、とりあえず第一弾、どぞー!

---------------

日本から直行便で約10時間のフライトを経て、予定通り、15時過ぎにヘルシンキ ヴァンター空港到着。

トランクを受け取ったら、いきなりタイヤが一個外れて(!)かなり慌てる。
近くにいたパイロット風なお兄さんに泣きそうな顔で訴えたら、「あそこのカウンターに事情を話すといいよ」と言われたので、「ちょっと!どうしてくれんのよ!」的な雰囲気を出しつつクレーム。

まあ、ここ数年、かなりの勢いで使い倒してるトランクなので、元々そんな高かったわけじゃないし、そろそろタイヤが一個とれてもおかしくなかったんだけど。

係員いわく、Finnairが発行したダメージ・レポートを見せればタダで修理してくれるのだとか。「ホテルに着いたら、このリストの中でどこが一番近いバッグ屋さんか聞いて、持って行ってみて。ここでは直せないから」と言うので、ちょっと油断するとバランスを崩して倒れちゃうトランクと共にバス乗り場へ。

今回泊まるホテル(Scandic Continental)は2年前にヘルシンキに来たときと同じトコで、空港から直結バスが出ていることも知っていたので、かなり安心。
チェックイン時にホテルの人に事情を話したところ、「Stockmann(フィンランドで一番大きい百貨店)は今日、夜の9時まで営業しているから、そこに行くのが良いと思う」とのこと。そうか、今日は金曜だから遅くまでやってるんだ!

早速、トランクから荷物をすべて出して、空のトランクを抱えてStockmannへ。
ホテルから最寄のトラム乗り場も、降りるところも、2年前の記憶通り。なんかもう、慣れたもんだな。

stockmann.jpg

かなり深刻な顔してStockmannの店員に事情を話すと、「いつまでヘルシンキにいる?」と言うので、「水曜まで」と答えると、「それまでに直らないから、新品と交換します」だって。まじで?!

はじめ2輪のトランクを持ってきたから、「私のは4輪なので、そうじゃないと困る」としっかり主張したところ、マネージャらしき女性と話し合ってくれ、結局、定価200ユーロのサムソナイトのトランク(鮮やかなグリーンが北欧っぽい)と交換してくれることに。やったね!

これまでずっと私と旅してきた相棒をここで捨てて帰るのは忍びないけど、仕方ない。。。よく一緒に頑張ってくれたね。。。何年も前に貼ったMetallicaのステッカーも、もう、ボロボロだよ。。。(涙)

閉店までまだ時間があったので、「後でまた取りに来るから」と伝えて用事を済ませることに。

ほんとは今日会うはずだったJouniは、(彼女の仕事の都合だかで)ヘルシンキ到着が遅くなりそうだというので、予約をしてもらっていた明日の電車のチケット引き換え、冷蔵庫ストック用のお水やらお菓子やらをスーパーで買い物して、あとはおとなしくホテルで過ごすことに。

晩ご飯は、悩んだ結果、安さ優先でフードコートのアジアン焼きソバ(?)をチョイス。んー、お腹いっぱい。

noodle.jpg

トランクを引き取って戻ったホテルの部屋はシングルだけど、4泊でなんと2万円切るし、なのに広めだし、バスタブあるし(←コレ重要!)、かなり快適♪

明日は朝早いので、早く寝よ、、、と思ったけど、初日はいつもよく眠れないのが毎度のこと。

翌朝、9時半に中央駅でJouniと待ち合わせていたので、8時に起きて支度して、ホテルの朝食ビュッフェをガッツリ食べてから出発。

すでに待ち合わせ場所にいたJouniは、2年ぶりの感動的な再会だというのに恥ずかしそうに微笑むだけ。
「彼女は?」と聞いたら、「どっかに買い物に行った」って言ってたけど、もしかして近くで待ってたのかな・・・。

電車の出発まで15分か20分ぐらい立ち話して、「くれぐれも気をつけるんだよ」と言われ、ひとり駅のホームへ。

うをー、何やらすでにメタル色たっぷりなんですけど!
2年前のMetallicaトレインを思い出す(^^)

つか、Manowar Tシャツ率たけ~!私より明らかに若い感じのにーちゃんから、赤髪のオバちゃんまで!オバちゃんカッコええ!
すでにお祭り気分♪

Provinssirockが行われるセイナヨキまでは、特急で約3時間。
仮眠とっておこうと思ったんだけど、なんか興奮して眠れず、こうして日記を書いたり。
途中、隣の席に座ってきた女の子もProvinssirockに行くって言うから、ちょっと世間話したり。

13時過ぎ、ようやくセイナヨキに到着。
駅の周辺はメタTだらけ!!(↓この写真だと、そうは見えないかもしれないけど。。。)

train.jpg

会場に向かう前に、帰りの電車の切符を買っておこうと思い、順番待ち。混んでる。
案の定、帰りの深夜電車(AM2時過ぎ出発、朝7時ごろヘルシンキ着)の寝台車両は全部売り切れ。普通の座席の切符を購入。

ここから会場まではバスが出ているはずなので、バス乗り場を探そう、、、とその前に、なんか腹減った。今朝、朝ご飯早かったからな。
というわけで、Robert's coffee(フィンランド最大のコーヒーチェーン)でピザパンとベリージュース(←北欧と言えばやっぱコレでしょ!)を購入、お昼代わりに。

そうこうしてるうちに、電車から降りた大量のメタラー達も減ってきて、バスもそんなに混んでないかなと思えるようになった頃、バス乗り場へ。

ひゃー、なんか、みんな若い!
10代か20代前半とおぼしき可愛い子達が寝袋しょって、沢山いる。
アジア人なんて皆無だなー。
ビール箱買いして、皆、飲む気マンマンって感じ(^^)

バスは15分か20分ぐらい走って、会場となる野外公園に向かう。

Last.fmで事前にケータイ番号交換してたOlliに「もうすぐ着くよ」とSMS。彼らもちょうどキャンプエリアから出ようとしてるとこで、後で落ち合おうと約束。

いよいよバスがフェスの会場に到着!

つづく。
関連記事



スーツケースのタイヤ壊れてたのは困りますね。

2年前、ドイツ~オランダ旅行の最中に街中でスーツケースの車輪壊れて、それ以降、ずっとスーツケースを斜めにして壊れていない車輪の部分だけで転がしていた事を思い出しました(笑)

北欧デザインの新品に交換してくれなんて良かったですね!!


それにしてもフェスの前の電車とか、やっぱそうなりますよね。それでいて、妙にフレンドリーに話しかけてくる人等が多いですね。
Rock im parkに某日本のV系バンドが出演していた事もあり、長距離電車の中でやたら、聞かれましたね(笑)
【2009/06/24 19:50】 URL | 怪物 #3ICn0UlA[ 編集]

>怪物さん
そうなんですよー、旅の出だしからつまずいた感じで、かなり焦りました。結果オーライでしたけど。
怪物さんみたいに、街に出てから壊れたんじゃなくて、助かったかも・・・!

やっぱフェス前の電車はどこもそんな感じなんですか。
フィン人はシャイなので、滅多に話しかけてこないですけど。その分、自分からいつも話しかけてます(^^;)

最近V系バンドのヨーロッパ・フェス進出が目ざましいですね、、、きっと現地のヒト的には新鮮なんだろーなー。。。
【2009/06/26 02:21】 URL | Shield #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 My Life As A Metaller, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。