ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/--(--) --:--
スポンサー広告
いやー、もう、何と言っても今日のハイライトはApocalypticaですよ!
忘れられないです、この強烈な体験。
あまりにかっこよすぎて倒れるかと思った(^^;)
完全に一目惚れハート
#まあ、前から音楽的に好きではあったんだけど、ヴィジュアルは初めて観るからね。


下手にDVDとかで予習しなかったから、ステージにドクロの形に穴が彫られてる椅子みたいなのが出てきただけで、ワクワクドキドキ。
荘厳なSEと共に、メンバーがチェロを持って立つシルエットが浮かび上がったときにはもう鳥肌モノ。場内大歓声。

いかにもメタル兄ちゃん的風貌のEiccaとPerttuが狂ったようにヘドバンしながら弾く姿がたまりません。かっこよすぎですから!!!私、黄色い歓声あげまくり(^^;)
上半身裸+長髪+スリムな体型ってだけでもポイント高い(^^)のに、弾いてるのはチェロですよ。一見ミスマッチなようでいて、なんであんなにサマになるんでしょ。
立ち上がって弾いてみたり、速弾きしたり、もう魅せ場が多すぎて、一瞬たりとも目が離せません。私、ずっとニヤけながら見とれるばかり。

やっぱり、すでに相当な練習量の末、基本となるテクニックがしっかりしてる人達だから、あんな風にパフォーマンスしながら弾けるんだよねぇ。
普通にチェロってあんなに持ち歩いて弾く楽器じゃないし。
あんなに激しく弾いて、楽器が痛んだりしないのかな。ギターとかよりもチェロの方が繊細にできてそうな気がするんだけど。

大期待のMetallicaは"Master"、"Seek"、"Sandman"と3曲もやってくれて、大喜びの私は始終、大声で歌いまくり。てか、みんなもっと歌えよぅー!
ただでさえテンション上がってるのに、Metallicaくると、もう大興奮状態ね。Apocalypticaであんなにヘドバンすると思わなかった(^^;)
ほんと、シアワセ(*^^*)

Sepulturaの"Refuse/Resist"ももちろんやったし、HIMのヴィレ・ヴァロと共演した"Bittersweet"もやってた。

ほんと、あっという間の持ち時間だったなぁ。1時間やってたかしら。(時計見る余裕もなかった。)

やっぱりこの人達は、ライヴを体験しないと駄目です、ほんとに!
エレキ楽器とは違う音の分厚さというか迫力というか、とにかく凄まじいです。
MCで"Before we die..."とか言ってるし、毎回相当なエネルギーをぶち込んでライヴやってる感じがする。
#そんなところもまた素敵♪

今度はフィンランドで観てみたいなー。きっとMetallicaの曲のときも、もっと大合唱が起こるに違いない。

ライヴ終了後にレディースTシャツこそ買えたけど、ライヴDVD(サイン付き)が売切れだったので、早速発注しました。

Apocalyptica: The Life Burns Tour Apocalyptica: The Life Burns Tour
Apocalyptica (2007/02/06)


この商品の詳細を見る

DVD買う前に、どんなものか観てみたいという人はコチラをどうぞ。
今日観れなくて残念だった"Fight Fire"をやってます。


そんなわけで、Apocalypticaですっかり燃え尽きて満足してしまった私はその後のStratoは半分ぼけーっとして観てた感じ。ごめんよ。
だって、私が好きな曲、あんまりやってくれないんだもん。
あんなに立て続けに昔の速い曲ばっかりやるとはね。

今日のオーディエンスは、はじめ半分ぐらいフィンランド人っぽい感じだったんだけど、ほとんど関係者だったのか、たまたま好みの問題か、Apocalypticaが終わった後にかなり帰っていた。
Stratoのとき、フロア後方はかなりスカスカだったもんね。

ちなみに、今日のイヴェントのトップバッターを飾ったThe Crashはラスト1曲しか観れなかったので、感想は控えさせていただきます。

2番目に出たVon Hertzen Brothersは、かーなーり、私好みのバンドだったので、嬉しかった。
コーラスハーモニーが美しいというだけでまず掴みはOK。
ベースがフィンガーピッキングだったり、プログレちっくなインストの曲があったり、曲展開がドラマティックだったりするところもかなり素敵。
個人的には、Stratoより良かったです。
ライヴ終了後は出口でオーディエンスを見送ったりしてるところも好感度大。
せめて輸入盤だけでも、早く日本でアルバムが入手できるようにしてあげて欲しいところ。

YouTubeで検索したらPVがあったので貼っておくね。
#確かに改めて聴くと、ちょっとDizzy Mizz Lizzyっぽいかも。



しかし、これだけ楽しめて5000円はかなりお得。
来年以降も頑張って続けていって欲しいですね、こういうイヴェントは。
関連記事

2007/05/26(Sat) 02:21
Live Review | trackBack(0) | Comments(0)

















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 My Life As A Metaller, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。