ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/--(--) --:--
スポンサー広告
参加させていただいたのは、アジャイルメディア・ネットワークさん主催のこんなイヴェントです。

「gooラボ ネットの未来プロジェクト」ブロガーミーティング

なんだかんだでblog始めてから、もう5,6年になるのですが、あんまり自分が「ブロガー」だとか意識したことはなかったので、このイヴェントに参加してみようと思った理由も、下記のキャッチに惹かれたからという単純な理由だったりします。(^^)

ネットのレコメンデーションについても研究しているNTTレゾナントさんの新技術実験室『gooラボ』と店員さんによるポップなどリアルなレコメンデーションで音楽ファンを掴む『タワーレコード』が、対談形式でディスカッション行うスペシャル企画です。

応募が多かった場合は抽選とのことだったので、どうかなぁ?と思ってたら、当選通知が来たので、渋谷タワレコ地下のイヴェント会場まで足を運んでみた次第。

事前に他の参加者の方のblogのURLがメールで送られてきてたんだけど、ざっと見た感じ、音楽系blogやってるのは私だけっぽかった(汗)
皆さん、ネット系技術の考察blogとかやってらして、真面目そうだなぁ、と(^^;)
その印象は、会場に入って感じた雰囲気からもひしひしと。
#一応、私もネット系技術者のはしくれですが。。。(滝汗)

前半はgooラボさんが改めて「レコメンデーションってなぁに?」という説明をされてたんですが、このblog読んでる人であんまりピンときてない人もいるかもしれないので書いておくと、Amazonのこういうやつ(↓)とか、、、

イメージ 1_R

YouTubeのこういうやつ(↓)とか。

イメージ 2_R

たぶん皆さん、いつも何気にクリックしてるでしょ?(^^)

上記はどっちも、その「商品」にまつわるデータをもとにオススメしてくれてるわけだけど、Amazonのトップページでは、自分の検索履歴とか購入履歴をもとに、「こんな商品も興味あるでしょ?」っていうのを表示してくれているのは皆さんもご存知の通り。

で、それに対してタワレコさんは(リアルな世界である)店舗で、どうやってオススメ商品を展開してるかっていう説明をされてたんですが、これがまぁ、おもしろい!

自分も大学時代、某TSUT●YAの販売部門でHM/HRコーナー仕切ってたことがあるので、どれを平台展開して、どれを試聴機に入れるか考えたり、手書きPOP描いたりしてたのを思い出して懐かしくなったり(^^)

ただタワレコさんの場合、売り場が大きいから、作品の出世街道っていうのがあって、スタートは普通の棚に入ってる状態→棚の上のコーナーで陳列→試聴機投入(はじめは番号が後ろの方)→試聴機の1番目に移動→アーティスト特集コーナー作成→平台展開って感じになるみたい。

試聴機の番号にも売り上げが影響してるっていうのは知らなかったな!
まあ、私がタワレコで試聴するときは、大体メタル・コーナーの100連奏チェンジャーとかだけど!
#あれ、ディスクNo.90とかのとき、確かにボタン押し続けるの面倒だもんね。。。

途中、バイヤーさんがどうやってイイ作品を発掘するかっていうくだりで、「卸業者さんから来るリストを見ただけで(タイトルとかレーベルとか)ピンとくるのがある」っていうお話をされてたんだけど、私は「ああ、すごいよくわかる、それ・・・」と思って頷いてたんだけど、会場のほとんどの人達からは驚嘆の声があがってた。
・・・やっぱ、マニアックだよね、そういうのって、、、と再自覚(^^;)
ていうか、バイヤーさんもマイスペで(何を入荷するかの参考)情報収集したりしてるんだね、やっぱ。

ただ、気をつけてるとおっしゃってたのは、「一概に『良い』と言っても万人受けする『良さ』と玄人受けする『良さ』がある」とか、「独りよがりにならないよう、客観視するようにしている」とか。
あと、「POPのキャッチが抽象的だと売れない」っていうのは、なるほどね!って感じでした。「関西の店舗の方がPOPが押し付けがましい」とか(^^)

休憩を挟んで軽食をいただきながら、他のブロガーさん達と、「じゃあ、どうしたらネットでももっと良いレコメンドができるかね?」という議論。

結局みんな、ネットだとピンポイントな情報しか見つからないとか、偶然の素敵な出会いがないとか、感じてることは同じなのね。
私も今CDはほとんどAmazonかHMVのネット通販で買ってるけど(←安いしポイント貯まりやすいし)、店舗に足を運ばないとダメだなぁ!と常々思ってるからね。
第一、お店でいろいろ見るっていう行為自体がエンターテイメントだし!
#今日もイヴェント終わった後、閉店ギリギリまでタワレコうろうろしてたよ。。。

ただ、世の中、そんなマニアックな(?)人ばかりではないので、そういう人達にも、どうやってうまいことレコメンドして、商品を買ってもらうかってことなわけですよ。
中には「レコメンドとかうざいし!」と思ってる人もいるわけで。

私なんかは最近、愛しのミカエルさんとか、このblogにいつも来てくださってる方とか、いろんな(信頼できる)人のレコメンドをもとにアルバム買うことが増えてきた今日この頃なので、やっぱ「信頼」は大きな要素なんじゃないかなぁと思ったりするわけです。

「あなたが薦めてくれるから買うわ」ってやつ。これは大事。
「あなた」が信頼できなかったら間違いなく買わないもん。

だから普通のECサイトで「この商品を買った人はこの商品も買っています」とか、機械的にオススメされても、別に興味持てないもんね。

そういう意味では、タワレコのPOPも「わかってる人が書いてる」っていう信頼があるんだよな、たぶん。
「3,5,7曲目は名曲!」的なキャッチが目に入ると絶対試聴しちゃうし(^^)
Amazonの場合、ユーザレビューはそれに近いものがあるよね。機械的なレコメンドもけっこう優秀だとは思うけど。

まあ、そんな感じで、結局、結論にはたどり着かずに終わっている今日のイヴェントですが、一応、Web制作に関わる身として+音楽マニアとして、素敵な音楽サービス・サイトを作りたいなぁ、、、というのは私の長年の夢でもありまして。
実はここ最近、いろいろ構想を練っておりますのですよ、ええ、はい。

というわけで、一緒におもしろい音楽サービス・サイト作りたい人、大募集(^^)
すでに青写真はあるのだけど、なかなか先に進まなくって。。。
#ほら、家帰ってきてからとか、土日とかしか時間とれないから。・・・っていうのは言い訳かもしれないけど。。。

特に手伝って欲しいのが、プログラミング大好きな人とか、DB(←ドイチェ・バーンじゃないよ、データベースだよ)に強い人。
自分も技術者のくせに、今日も「ええ?!技術者なんですか?」とか言われるぐらい、文系発想&感情論者なもので、自分。。。

・・・と、話がそれましたが(汗)、何はともあれ、楽しいイヴェントでした。
主催のAMNさん、興味深いお話を聞かせてくださったgooラボさん、タワレコさん、ありがとうございました!
関連記事

2009/02/06(Fri) 02:37
My Life as a Blogger | trackBack(1) | Comments(0)




「gooラボ ネットの未来プロジェクト」の第一弾イベントとして、レコメンデーションをテーマにしたブロガーミーティングを行いました。イベントに足を運んで頂いた皆さん、ありがとうございました。 レコメンデーションとは、ユーザーにあった商品や情報をオススメするこ... gooラボ スタッフブログ【2009/02/06 10:20】

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 My Life As A Metaller, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。