ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/--(--) --:--
スポンサー広告
何気に、クラシック・ギターのコンサートに行くのは初めてです、私。

1月は特に何のライヴにも行く予定がなく、Curved Airでも行こうかしら、、、と思っていたところ、Markさんからこのコンサートの情報をいただき、3000円という破格にビックリ!

越谷なんて行ったことないし、今後も行くことないだろうけど、だいぶ昔、初めてYGに取り上げられたときから村治佳織(←何気に自分と同年代)のプレイは生で観てみたかったし、重い腰を上げて(?)行ってみることに。

ティータイム・コンサートってことで、開演は14時。当然のごとく、寝坊。
自由席なのでちょっと早めに、、、なんて思ってたんだけど、着いたの、14時ギリギリ。
でも、1階席中通路から数列後ろのちょい左側が結構空いてたので、全然OK。

白いドレス(←あとでこれがウェディングドレスだったとわかる)で現れた村治佳織はやっぱり綺麗やね~。可愛い、じゃなくて、綺麗って感じ。
佳織ファン男子がかなり多いのかと思いきや、オーディエンスのほとんどは中高年男性。うんちく語るのが好きそうな感じ?あ、夫婦で来てる人とかもいたけど。

さすがはクラシック・ギターのコンサート、皆、息をひそめてステージに魅入っています。
私も足を組みかえるとブーツの金具がカシャカシャいうから、それすら控えてたぐらい(^^;)

第一部の曲目はこんな感じ。1時間ちょいぐらいだったかな。

ヴィラ=ロボス:5つの前奏曲より  第1番/第3番/第5番
グラナドス:詩的なワルツ集 
アルベニス:スペイン組曲 Op.47より 第4曲 カディス(カンシオン)
アルベニス:マジョルカ島(舟歌) 作品202
タレガ:アルハンブラの想い出
ピアソラ(アサド編曲):ブエノスアイレスの冬


曲ごとにチューニング変えるんだなー、中には曲の中でもチューニング変更しなきゃいけないんだなー、とか思ったりしながらプレイを堪能。
「アルハンブラの想い出」以外は知らない曲だったけど、美しく、心地よい音でした。
・・・が、何か物足りない、、、なぜだろう?と思ってしまったことも事実。その理由は、第二部に判明します。
できれば、もっと弾きまくる感じの曲をセレクトして欲しかったかなぁ。今回の曲はわりとまったりしていたので、ワルツのときなんて、軽く眠気が・・・。(^^;)

25分の休憩時間にドリンクのサービス。
コーヒーと紅茶をいただきながら、オーディエンスを観察したり、サイン会に参加できるというのでCD売場をチェックしてみたり。結局何も買わなかったけど。

第二部からは渡辺香津美さん登場。
の前に、Q&Aタイムが30分ほど。
休憩時間のあいだにオーディエンスから質問を受け付けるなんて、面白い趣向だわ(^^)
第一部で着てたドレスの話から、ギターを何本持ってるかとか、クラシック・ギターとアコギの違いとか、なかなか興味深い内容でした。
村治佳織は、喋ってても、その知的さが伝わってくる感じね。

そして第二部、1曲目は私の大好きな曲、「リベルタンゴ」。
母と共に大好きだったので、ふたりでヨーヨー・マのCD、買いに行ったもんね。懐かしい。

そして、香津美さんのギターの音を聴いた瞬間、「うわ、これだ!」と全てがわかった。
そう、第一部で私が足りないと思っていたのは、このエモーションというか、パッションというか、これだったんだと。
私、ギターは弾けないですが、ギターの音色にはかなりうるさい方なんじゃないかと思うんですよ、これでも。
ほんとにグっとくるギターを聴くと、みぞおちのあたりがキュンとするというか、わかるかしら、この感じ。
香津美さんの音はまさにこれでした。
はじめ、私はやっぱりクラシック・ギターよりもアコギの音の方が好きなのか?とか思ったんだけど、香津美さんと一緒に弾いてる村治佳織の音を聴いて、「ああ、そうか、この人は譜面通りに弾く人だからだ」と気づくに至り、自分の素性を再確認(^^;)

この「リベルタンゴ」とアンコールの「NEKOVITAN」って曲のラテン・フレイヴァーがたまらなかったなぁ、RodGab好きな自分としては。
香津美さんに引っ張られて、村治佳織も(第一部と比べて俄然)エモーショナルな音になってるのが凄い。
Q&Aでも言ってたけど、クラシックの人に即興させちゃうって、ほんと凄いよなぁ、香津美さん。
これまで「渡辺香津美」という名前は知ってたけど、こんなに凄い人だったとは全然知らず、ほんと申し訳ありませんって感じ。

第二部の曲目は下記の通り。

ピアソラ:リベルタンゴ
ルグラン:夏は知っている~映画『おもいでの夏』より
武満徹:不良少年
マイヤーズ(渡辺香津美編曲):カヴァティーナ
谷川公子:一億の祈り~映画『火垂るの墓』のメインテーマ
谷川公子:Light & Shadow~光そして影



アンコールは2曲もやってくれると思わなかったので、かなり嬉しかった(^^)

Image033.jpg

「禁じられた遊び」も大好きなの~、私!聴けて良かった!!
そして、家でホコリ被ってるアコギ(←人からのもらいもの)を引っ張り出して、練習してみたい欲求に物凄くかられてみたり。
んー、最近、仕事ヒマだし、また始めてみようかしら、ギター、とかゆって(^^;)
#10代の頃にチャレンジして、即挫折した想い出があるのでアレだけど。。。

というわけで、かれこれ3時間たっぷり。
いやー、これで3000円はお得すぎですよ、ほんと行って良かった。財団法人ってスゲェや!(^^)
Markさん、教えてくれてありがとう。

終演後、サイン会は長蛇の列。
あれ、香津美さんもサインしてるじゃん!
んー、今日は申し訳ないが、村治佳織よりも香津美さんのサインが欲しい。。。(←髭のギタリストに目がない私。。。^^;)
が、メタル的なサイン会とは違って、握手もなし、当然写真もなし、流れ作業でサインのみ。話しかけてる人もあんまりいなそう。
ふーん。

しっかりサイン会に参加したMarkさんと、そのお仲間のハネ満さん(初対面)と、ギター談義をしながら駅へと向かいました。

ちなみに。

その後、新宿プログレ館デビューを果たそうかと少し思ったのですが、「プログレ館よりも中古センターに行くべき」という助言をMarkさんにいただき、これまで見落としていた中古センターでGordian Knotの2nd国内盤を発見、格安で入手成功。やったー!(^^)
てか、普通にCressidaとGraciousの1st、中古で安く売ってるし!ぬぉー、もっと早く来るべきだったよ、中古センター!!

さらにその後、マイスペで仲良くなったAndrewと飲みながら、OpethやらMetallicaやらブラックメタルやらについて熱く暑く語り合い、あっという間の数時間。
#私が「ミカエルに恋しちゃった!」って言ったら、「ミカエルがコンビニの店員でもそう言えるか?」って究極の質問をされて、ちょー困った(^^;)

やー、とっても充実した1日でした。るん♪
関連記事

2009/01/18(Sun) 19:01
Live Review | trackBack(0) | Comments(6)



やっぱ寝坊じゃん(笑
サインはもらわないと!
クラッシクギタリストだから握手はしないかもね
ハグは余計に難しいだろな、佳織タン

来週は八ヶ岳高原のリサイタルですか
お泊りプランもあるとか
昔よく行った近所のスナックのマスターが
元ミュージで香津美さんと行くスキーツアーの
話をしてくれたのを思い出したよ
【2009/01/18 22:28】 URL | TAK #-[ 編集]

>TAKさん
開演にはちゃんと間に合ったもん!

だって、村治佳織と香津美さん、両方CD買ったら6000円だよ?
チケット代は3000円なのに。。。
クラシックギタリストだから握手しないんですかね?
ハグなんてとんでもない!って雰囲気でしたよ!!
【2009/01/19 01:30】 URL | Shield #-[ 編集]

クラッシク、もといクラシック
のギタリストは指で爪弾くじゃないですか
字の通り爪が大事だからね
以前テレビでも爪を大事にしてる話を観たよ、佳織タン
手も荒れるだろうし

邦楽はCD3000円だからか
まあ滅多に行かないのだから貰った方が良かったのでは?
Curved Airより安いじゃない
金かけない手もあるけどさぁ(笑

写真やハグは置いといて
一言二言、話しかけるのは良いと思うが?
日本人はファンサービスの概念に乏しいのかな?
L.A.GUNSの時に来ていたHEESEYは親切だったけどね
逆にこちらの攻勢に退いてたかも
【2009/01/19 22:19】 URL | TAK #-[ 編集]

>TAKさん
ああ、爪のお手入れの話はQ&Aでも出てたな、そういえば。
じゃあ、香津美さんは握手OKだったのかな(^^)

個人的に、サインは思い入れの強い人じゃない限り、どっちでもいいやぁって感じなので、いいんです。
節約節約(^^;)

うん、たぶん話しかけてる人もいたと思うよ。
どう返してたかまではわからないけど、確かに外人の方がフレンドリーだよね。国民性?
【2009/01/20 00:46】 URL | Shield #-[ 編集]

お疲れ様でした。

クラッシックギタリストは指が繊細だし、ギュッと強く握る変な人も多いからでしょう。数年前指が動かなくなってからさらにナーバスに…

話しかけるのは全然問題なかったですよ。ちょっとだけしゃべれましたし♪ギター持ってきている人はギターにサイン貰ってましたし。。。

渡辺香津美は本当にすごいギタリストなんですよ。アコギもエレキも天才です。
ジャズ・フュージョン系の人にはメタルギタリストではかないません…
香津美先生のフュージョン系ライブもぜひ行くのもいいですよー。お勧めしておきます☆
【2009/01/20 20:25】 URL | Mark@新宿の歩き方 #6mhiDe5.[ 編集]

>Markさん
どーもです。

へー、指が動かなくなったことなんてあったんですか!そりゃぁ気を使いますね。。。

ギターにサイン貰ってる人なんていましたっけ??

そうですねぇ、香津美さんがエレキ弾くライヴも行ってみたいです、機会あれば!
【2009/01/21 03:42】 URL | Shield #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 My Life As A Metaller, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。