ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/--(--) --:--
スポンサー広告
やー、中年男性率が異常に高いライヴでしたねぇ~。
たぶん男女比8対2とか、9対1ぐらいだったんじゃないでしょうか。
なんか、プログレのファン層って、こんな感じなのかなぁ?とか思ったり(^^;)

今まで何度も通り過ぎてる場所だけど、何気にライヴ観に行くのは初めてだった六本木STB。
飲食可能なところでこういうライヴを観るのって、実はあんまり経験ないので、なんか新鮮。
オトナ~な感じがする(^^;)

いざライヴが始まると皆、集中してて、食べてる人はいなかったと思うけど。
結構後ろの方の席だったので、身体を傾けないと、よく見えない。。。
トニー・レヴィンはすごく見やすい位置だったんだけど、ボジオとアラホは、人と人の隙間からかろうじて見える程度。。。
ん~、全体をしっかり観ようと思うと、2階席に陣取るしかないんだろうな。。。

いきなり約45分、ノンストップ・プレイ。
ボジオいわく、完全インプロヴィゼーションらしい。すげー。
ただでさえ見慣れない楽器達(^^;)なこともあり、いったい何が起きてるのかよくわからないのに、ステージのところどころしか見てられないから、この音はどっからどうやって出てるの???状態(汗)
もー、どこ観てればいいのー?!って感じ。

音楽的には、LTE的な、壮絶技巧バトル!みたいなのを期待してたんだけど、それほどでもなく。
バトルっていうか、ほんとセッションって感じ。流れに任せて自由に展開させていくというか。
斜め向かいのオッサンが気持ち良さそうに寝てるので、私も思わず、、、となりかけたけど、程よく「おっ?!」っていうプレイが散りばめられてるので、あちこち視線を向けるのに忙しい。

しかし、今回いまいちピンとこなかったのがアラン・ホールズワースのプレイ。
なんかいろいろ機材をいじりながら浮遊感のあるフレーズを弾いてたけど、その感じは、前にPorcupine Treeの前座でロバート・フリップが演奏してるのを聴いた(&爆睡した)ときに感じたのと同じ印象だった。
うーん、もっとバリバリ弾きまくる感じをイメージしてたんだけどなぁ。

ボジオも、ドカドカとパワフルなドラミングを魅せてくれたのは、休憩を挟んだ後の後半セットに入ってから。このときはさすがに鳥肌立ちましたよ~。かっこよかった~。
まあ、もちろん、DTのマイキーはやっぱりボジオに影響受けてるんだなぁ、とか、いろいろ感じられて興味深かったです。
「あれだけの機材(↓)をいったいどう使いこなすの?ほんとに全部使ってるの?」みたいな疑問も解決したような気がするし(^^;)

bo.jpg

ただ、プレイの派手さでは、パット・マステロットの方が目立ってたような。(←すいません、今日の今日までCrimsonのドラムの人だってこと、知らなかったです。。。)

まあ、そんなわけで、やっぱりまだ私にはプログレは早いのかな、、、と思いつつ、ちょっと背伸びしてみた感じでした。えへ。
全っ然、ライヴ・レポになってなくて、ホントすいません。
レヴューするほど知識ないんで。。。

やっぱ、トニー・レヴィンはLTEで観たかったなぁ、、、というわけで、サイン会にて「今度はLTEとして日本に戻ってきて!」と無茶なお願いをしてみた(^^)
#「ぜひそうしたいよ!」というリップサービスと、「今度ライヴDVD出るから!」というお言葉をいただきました(^^)

ところで、トニーの使ってるこの楽器(↓)は何て言うの?
チャップマン・スティックについては、ちゃんとWikiに載っててビックリ。さすが!

le.jpg

関連記事

2008/11/30(Sun) 01:48
Live Review | trackBack(0) | Comments(7)



お疲れ様でした。
あの六本木STBは番号悪い時は2階がお勧めです。
他のライブハウスよりはるかに狭いのではっきり言って2Fの真ん中は最高ですよ。
STBは何回も行っているんで場所取りは完璧。アンコールの間に精算をしてサイン会の場所で即ゲッツ♪

プログレのライブはクリムゾンもそうですが、おっさんばっかりですよ(笑)

プログレというかZappも変態なので普通ではありませんが、両方好きな俺でも延々即興は厳しいですね。アラホは元々ああいう感じのソロを弾く人です。変なコードワークと鬼のようなフィンガリングで。。。ペトルーシもアラホは難解すぎるって言ってますし、理解不能な曲が多いですが、初期のはまだ聴けますよ。恐ろしし程一般受けしない方なので…

不完全燃焼なのでアラホトリオ行こうと思ってます。

でトニー・レヴィンの楽器はアップライトベースです。
【2008/11/30 13:54】 URL | Mark@プログレ♪ #6mhiDe5.[ 編集]

あたしも、高校時代にCrimsonのライブに行ったが、高校生女子なんぞ私しかいなかった覚えが(笑)。女性はいても30代以降、他は男性ばかり、だった。
トニー・レヴィンはCrimsonの時にみたなー。なつかしい。
【2008/11/30 14:09】 URL | junko #-[ 編集]

>Markさん
すっかりレス忘れてた、スミマセン。。。

2Fの真ん中が最高なんですか、、、覚えとこ。
確かに全体見えて良さそうだなぁ。。。残念(T_T)

サイン会にあれだけ早く並べるって、相当慣れてますよね(^^;)

なんでプログレはおっさんなんですかね?知的な感じがするから?
ジャズもそんなイメージかも。

やっぱりMarkさんでも、延々即興は厳しかったですか。。。
アラホの魅力はギター弾きの方が理解できるってことですかね。
比較するのがアレかもしれないですけど、アル・ディメオラの方がわかりやすいっすね。

アラホトリオのレポ、楽しみにしてます♪

ところでアレ、アップライトベースって言うんだ!知らなかった!さすが!ありがとうございます!

で、ヘッドがないとギターはどうなるのかの解説もお願いしますです<(_ _)>


>junko
フツー、女子高生はCrimsonのライヴなんて行かねぇって!(^^;)
行こうと思ったこと自体がすごいよ、あなた。

そっか、当時はレヴィンはCrimsonにいたのか。レアなもの観てるわね~。
【2008/12/03 13:14】 URL | Shield #-[ 編集]

アラホは理解不能です(笑)
ギターは最高だけど、曲が最悪なんで、ソフトマシーンとかUKのように他の人が書いたバンド形式が一番聴けるかと。
アラホ参加のソフトマシーンはいいですよ。あまり見ないので結構レアですが要望があればブートもご用意できますよ(笑)

であのヘッドのないギターはスタインバーガーです。
専用の弦があります。

特徴はネックが反りにくいので綺麗な音が出るのと、
通常アーム使うと音程がぐにゃ!ってなるんですが、音程をキープしたままアーミングが可能になります。
なので1音下げる、上げるとか音程コントロールが出来るんです。アラホのアーム使っても音程なめらかだったでしょ?
アラホはSAXを意識してギターを弾いてるんで音のアタックがないし、レガートプレイが多いのでとにかく滑らか。。。

使っているギタリストは、アラホ以外はWhite Lionのヴィト・ブラッタぐらいしか。。。
あとはモト冬樹ぐらいしか思いつかない(笑)
【2008/12/03 22:35】 URL | Mark@プログレLOVE #6mhiDe5.[ 編集]

>Markさん

ソフトマシーンねぇ。。。うん、ブートじゃなくてもいいから、初心者でも聴きやすいアルバムおすすめしてください(^^;)

スタインバーガーって、名前聞いたことあるかも!専用の弦なのか~。
ヘッドの重みがない分、ネックが反りにくいのかな?
アーム使ったときの音程なんて、あんま意識したことなかった。。。

Cynicのポール・マスヴィダルもヘッドがないギター使ってますけど、これもスタインバーガーなのかな?
http://farm2.static.flickr.com/1206/1068275963_9338c22e65.jpg
【2008/12/05 18:19】 URL | Shield #-[ 編集]

>では、ソフトマシーンはオフィシャルでバングルスです。
これほとんど売ってないので音源あげますよ。
後はUKこれはマストですよ!DTもイングヴェイもライブで演奏してますよ。
とりあえずこのあたりからが入りやすいです♪

ネックはヘッドがないからではなく、単純に木ではないので湿気の影響を受けないので反りにくいって事です。

Cynicのみましたが多分そうです。ってかスタインバーガーって会社の名前なので、ギブソンタイプみたいな意味でスタインバーガータイプと言われます。

ジャズ系は使っている人いるんですけど、それでも目立ちますね。。。
【2008/12/08 00:02】 URL | Mark #6mhiDe5.[ 編集]

>Markさん
UKは前から聴いてみたいなと思ってました。

Cynicはギターがふたりともネックなしでしたよ!
こないだ英語でblog書きましたが、Cynicメンバーがアラホの大ファンなんだって!
確かに、流れるように綺麗な音色でした!!
【2008/12/18 01:59】 URL | Shield #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 My Life As A Metaller, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。