ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/--(--) --:--
スポンサー広告
えー、ワタクシ、日比谷野音でライヴを観るのは初めてだったんですけど、いいっすね、この会場!
ギリギリまで行くかどうか迷ってたので、座席は後ろから2列めでしたが、段差があるので見やすいし、飲食物持込みできるし。
ビール飲みながら、ほろ酔い気分で観るにはピッタリのライヴでした。

というわけで、まずはJL&C。
Charはさすがに知ってるけど、ジョニーとルイスって誰?状態でのぞみました、ええ(^^;)
まったく曲知りません。でも、全然問題なく楽しめました。

Charのギターがあんなに良い音だとは知らなかったなぁ、しかし!かなりグっときました。かっこいいね。
なんかクラプトンっぽいなぁ、と思ってたら、やっぱり思いっきり影響受けてたのね。
そしてジョニー様(←ファンが「ジョニー!」って叫んでたら、「俺をいくつだと思ってんだ?!ジョニー様だろ!」とおっしゃってました^^;)のタイトなドラムが気持ちいい!還暦過ぎてるなんて嘘みたい!そして良い声!
ルイスさんは、、、たぶん一言も喋ってない、ですね(^^;)

オープニングからオーディエンス総立ちだったので、もしかするとFTBよりもJL&C目当ての人も多かったのかもしれない。
アンコールもあり、約1時間のセット。

セットチェンジの頃には辺りはすっかり真っ暗に。
野外のライヴは、夕方から夜にかけての空の移り変わりとか、風がそよいでたりとか、そういう自然を味わいながら観れるのが良いよね。

FTBの前説というか、MCとして登場したのは、内田裕也!おおー、本物だ!
30年前にFTBが日本に凱旋したときは全然客が入らなかった、、、とかいう昔話と共に、ジュリアン・コープという人が書いた「JAPROCKSAMPLER」という本を手にして、「この本のなかでFTBは日本でNo.1のバンドだと言われてるんだ!」的なことを熱く語った後、いよいよメンバー登場。

すでにセットが組まれてるときから、キーボードセットが気になって仕方なかったんだけど、どうやらあれ、ハモンド・オルガン&レズリー・スピーカーだったようです。
本物のオルガンが置いてあるセットってだけでも珍しいよ、自分にとっては!すげー!

そして、石間さんのギター!
見た目はちょっとスカイ・ギターっぽいけど、とにかくその独創的な音に、あれはいったい何?!と驚いてしまったので、調べてみたら、Wikiいわく「シタールとギターを融合させたオリジナル楽器・シターラ」っていうのね!これまた、すげー!

わたし的に今日一番のハイライトは、このシターラとオルガンでした!

ジョー山中は、ほんとに60歳超えてんですか?!っていうぐらいにバランスのとれた身体つきとアクション、そしてシャウト。ロブより年上だよ、、、すげーな、ほんとに。。。

今回は新作「We Are Here」に伴うツアーってことで、プレイされたのは新曲がほとんど。
ってことで、途中、「うーん、、、思ってたより、こう、なんか、実験的な要素が少ないっていうか、クルものが少ないぞ・・・」と思って、雨も降ってきたし、座っちゃってみたりなんかしてたんだけど、"Satori Part2"のイントロがきた瞬間、「うぉ、キタ!」って感じ。
それまで座ってたオーディエンスも皆立ち上がって、あのドラム・リフと、東洋的なギター・リフと、ジョーのシャウトの掛け合いに聴き惚れてる。

そうそう、これこれ!これが聴きたかったのよ!



途中、ジョーもステージ降りたりして、今日一番の盛り上がり。
やっぱり皆、これを待ってたんだなぁ。

・・・と思ったら、これが本編最後の曲。むむー、そうだったか。

アンコールは、これまた古い曲きたよ、"Hiroshima"。
うーん、全編こういう感じでいってほしかったんだけど、やっぱり現在進行形としての彼らを魅せたかったのかね、やっぱり。
まあ、でも、充分、堪能させていただきました。
やっぱ、石間さんのシターラが素晴らしすぎです。神懸かってました。

しっかし、30年前の野音にはヘルメット被って武装した人達がいて、、、というエピソードには、時代を感じずにはいられないよね。
そういう歴史があっての今、「また野音でプレイできて、しかもこんなに沢山のオーディエンスが集まってくれて嬉しい」といってアンコールでジョーが涙ぐんでたり、「また世界に向けて挑戦しようと思う」と話したくだりには、私も感動。
還暦こえても、まだまだ頑張ってるバンドが日本にもいたんだなぁ、と。
ほんと勇気もらえるよね、Priestといい、FTBといい。
私なんて、ほんと、まだまだ×2だわ、みたいな。

今回、ミカエルさんの影響がなかったら、おそらく絶対に観に行く機会のなかったライヴだと思うけど、ほとんど曲知らないにも関わらず、観に行ってみて良かった、ほんと。
ミカエルさん、ありがとう。またあなたのおかげで私の音楽の趣味の幅が広がったよ(^^)

というわけで、本日のセットリストを見つけたので、コピペ。

Make Up
What Will You Say
We Are Here
Woman
dYE-jobe
The Sleeping Giant
Over & Over
Don't Touch My Dreadlocks
Love Is...
Slowly But Surely
Satori Part2
---
Hiroshima
Will It

追伸) こんな記事見つけたので、写真も貼っとくね。



関連記事

2008/10/06(Mon) 02:10
Live Review | trackBack(0) | Comments(7)



渋いっすねぇ~v-275
【2008/10/06 09:54】 URL | naka #-[ 編集]

あぁ、Charも一緒に見れたんですか!
いいなぁ。
"Smoky"やったんですか?

FTBは全然聞いたことがないんですが、シターラが気になって聴いてみようと思いました。
ヘッドより太いネックって凄いですね。

内田裕也が持ってるのが、マイクじゃないのに気づいちゃいました(笑)
【2008/10/06 22:24】 URL | いい音 #j3T/fhN6[ 編集]

>nakaちゃん
おお、意外な人が反応してくれた(^^)
ビール飲みながら、どっぷり'70年代の気分に浸って、野外で観るライヴは気持ちよかったよ~♪


>いい音さん
JL&Cは日比谷だけのspecial guestでした。
一緒にいたTAKさんが確か「"Smoky"やらなかったな」って言ってたような気が。ぜんぜん曲知らなくてスミマセン(汗)

FTB、札幌公演もあったんですよ、今回。
ちょうどPriestが来日してた時期と被ってたと思うけど。
シターラ、ていうか、石間さんはマジで凄かったです!
日本のロックの歴史の1ページを垣間見た気分です。
【2008/10/07 03:33】 URL | Shield #-[ 編集]

SmokyはCharの一番有名な曲です。
バンドで演奏した事ありますが、超受けがいいです♪

でもJL&Cではやらないですね。
クラプトンもそうですが、ジェフ・ベックも近いですよ。
Charはとにかくかっこいいです。CharもPSYCHEDELIXとかもチェックしてみてください。。。
【2008/10/07 06:36】 URL | Mark #6mhiDe5.[ 編集]

野音は自分も一回しか行ったことないですけどいいですねv-7

Slowly But Surelyを自分が好きなOUTRAGEが1stで、カヴァーしてたので名前だけは知ってたんですが、FTB自体は聞いたことないんで、今度聞いてみようと思います。

CharさんはPINKCLOUDなら知ってますが、有名なのはCharさんの息子がRIZEてバンドしてますね。
【2008/10/07 09:40】 URL | まこ #-[ 編集]

やはり、日比谷は盛り上がったんですねぇ。
日比谷のSetList、拝見できて嬉しす。
ありがとう。

突然ですが、札幌在住のchar(ソロ)→JL&C→Pink Cloud世代です。
Flower+JL&Cなんてのは、それだけでドンブリ10杯は喰えます。
Smoky無しでしたか、、、

日比谷のLive観たかったすねぇ、先月22日のFlower@札幌Xanaduは行きましたが。
Slowly But Surely聴きたかったが、残念ながらXanaduでは無し。


JL&Cに関しては、ここら辺(参考に)如何でしょう。

'79/07/14 日比谷野音 JL&C FreeSpirit concert Live
   →JL&C startupのLiveです。
   →SEE SAW (CANYON) D25P6274 (CD Reissue)

'99/12/15-25 CBA(Char,Bogert&Appice) Live
   →70年代jEFFbECKが結成したBBA(Jeff Back ,
   →Tim bogert & Carmaine Appice)のTribute的
   →アルバム。
   →Polydor POCH-1940

乱入、失礼こきました。
【2008/10/07 11:58】 URL | くまこ #qbIq4rIg[ 編集]

ををー、こんなに反響があると思わなかった!嬉しい♪

>Markさん
JL&Cをご存知とは、さすがですね~!
Char、ほんと今までノーチェックでした。
ハイ、気が向いたら(^^;)いろいろ聴いてみたいと思います。


>まこさん
はい、初めての野音、良かったです!
Outrageがカヴァーしたらしいって話はどっかで読みました。今度、聴いてみようっと。
私のエントリを読んで、FTBを聴いてみようと思ってくれたのだとしたら、なんか嬉しいです(^^)

そうそう、ジェシーでしたっけ、Charの息子。
Pink Cloudも、私、名前しか知らないや。。。


>くまこさん
はじめまして!

いやぁ、私のセットリストもコピペなので(汗)
お詳しい方に、こんな拙いライヴ・レポを読んでいただき、恐縮です。。。

FTBにとって、日比谷はやっぱり特別なんですかね。

JL&Cのライヴ観て、すぐにCreamとかBBAが頭に浮かんだんですが(特に後者はxx,yy&zzっていうネーミングのせいもあり) 、Char,Bogert&Appiceなんてのがあったんですか!これは聴いてみたい。今度チェックしてみます!

情報ありがとうございました!
【2008/10/08 02:17】 URL | Shield #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 My Life As A Metaller, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。