ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/--(--) --:--
スポンサー広告
前日のうちに名古屋から大阪に移動しておいたので(この日も新幹線、また止まってたから、仕方なく近鉄で移動したけど!)、今日は余裕をもってライヴに臨むことができます(^^)

道頓堀のカツ丼屋さんで腹ごしらえして、会場そばの喫茶店でOpe T(←Opeth Tシャツの略です、ハイ)全員集合!的な会合を執り行った後、おもむろにクアトロのあるパルコへ。

スタバの前にあるエレベータ周辺がOpe Tの群れになってる(^^;)
Still LifeのTシャツ着てる人とかいるなー。すげー。
私はこの日はカナダで買ったレディースT着用。今回、グッズ売場では売ってなかったので、ちょっと自慢げに着てみたりなんかして。

黒Tの群れと共にエレベータに乗り、ふと、クアトロの1階下の楽器屋さんで扉が開くと、聞き覚えのある声。
エレベータから顔だけ出すと、なんとミカエルさん、普通にファンと一緒に写真撮ってるよ!(^^)

私に気づいて「おう、お前か!」って反応した後、「俺も乗ろっと♪」ってな感じでギュウギュウのエレベータに乗り込んでくるから、もう、周りの黒Tは大興奮。
ウォー!!とか叫び声あがるわ、フラッシュの嵐だわ、もう、軽くchaos(^^;)

「ショッピングしてたの?」と聞いてみたら、「うん、ギター見てたんだけど、ちょっと高くてさ」だって。

エレベータがクアトロに到着して、なおいっそう混乱が激しくなりそうなところで、一緒にいたツアマネがミカエルさんを誘導して、会場内に入っていきました。
ミカエルさん、おもしろすぎ(^^;)
結局、この後もギターが諦められなかったのか、ライヴ後にFender買って帰ったらしいね(^^)

すでに入場の列ができている階段の方に行くと、何だか物凄い熱気。
今日は土曜日だから、皆、早々とスタンバってる感じだ。

IMG_3532.jpg

今日も整理番号一桁台の私達は、何とか最前を確保。昨日よりは人多いから、ちょい端っこ気味だけど、まあ、全然OKでしょ。メンデス目の前って感じ。

この会場、すごく横に広くて、ステージが超低いのね。東京で言うと、Duoに近い感じ?
やっぱり名古屋と比べると、フロアの埋まるスピードが全然速い。

私はと言えば、いよいよ今日で終わりだという想いから、今回3公演中、なぜか最も緊張していたような。
この1週間の想い出が、すでに走馬灯のように蘇ってくる。

ステージは名古屋と同じぐらい狭いので、今日もOpethロゴの垂れ幕はなし。
名古屋もそうだったけど、ペルはアンプに埋もれそうな位置(^^;)
一昨日はメンデスとミカエルさんのちょうど中央ぐらいで、アックスの姿が(メンデスに隠れて)よく見えなかったので、今日は見えるといいなと期待。

ショウがはじまると、ステージが低いせいで、ミカエルさんの全身がくまなく見える。
頭の先から足元まで全部これだけ見えることって、実はなかなかないんじゃないか?

あ、やっぱ足でリズムとりながらアルペジオ弾いてんだ~、とか、エフェクター踏むタイミングはここだったんだ~とか、いろいろ凝視してました。

メンデスも、昨日よりかなり右寄りの位置で弾いてるので、アックスの姿がよく見える。
アンプに隠れて見えないかな?と思っていたペルも、ここ3日間の中で一番よく見えた。しかもステージ低いので、ハッキリ指先の動きが見れて、ちょっと感激。今まで指先の動きまで見えること、なかなかなかったからね。

プレイの最中は、今日もやっぱり私はトランス状態に突入していたことは間違いないんだけど、一昨日に比べると若干の余裕が出てきたような。まあ、これだけの至近距離も2回目ってことでね。

人の入りはやっぱりそれなりに混んでたのか、暗転後は結構後ろから押された記憶が。
まあ、でも、全然許容範囲。腕も上げられるし、マナーの悪い人もいなかったし。
むしろ、それぐらいの方が盛り上がりが感じられて、良かったかも。
オーディエンスのノリとかレスポンスは、圧倒的に大阪がNo.1だと思った。

セットリストは最終日でも変化なしかぁ、、、と思ってたら、チューニング中にミカエルさんが口ずさむじゃないですか、私の大好きなWhitesnakeの曲を!!
"Slow An' Easy"ですよ!きゃあぁぁー、渋い!渋すぎる!
前にもこの曲、口ずさんでるの、ブートで聴いたことあったけど、生で聴くとまたいっそう素敵(^^)

やっぱり気持ちが抑えきれずに、今日も"I love you, Mike!"って叫んじゃった(爆)
一昨日、「私が叫んだんだよ」って言っておいたので、速攻、ミカエルさんが私を指差したのにはウケたなぁ(*^^*)
しかも、"I love you, too"だって。やったね!(爆)
大阪のオーディエンスはノリがいいから、「オメデトー!」だって。アリガトー!(^^)

音の良さ、抜け、という意味では名古屋がダントツで一番だったけど、楽しさの面では、大阪が一番かも。
ミカエルさんも(さらに)機嫌いい感じ。おもしろMCにも拍車がかかってる。

3回目の披露となる"Lotus Eater"は、個人的には、名古屋>大阪>東京って感じだったかな。名古屋が一番良かった。
ペルのキーボード・ソロは、何回聴いても、音量が小さい気がしてならないけどねー。

で、この日、最高に素晴らしかったのが、初めてエンディングSEを使ったこと!
赤坂でミカエルさん、どう終わったらいいかわかんないってMCで言ってたけど、今日はこうきたか!
そのままアックスのカウントから"Bleak"に流れるところはもう、もう、今思い出しても鳥肌モノです。

す・ば・ら・し・い!!!!!

やっぱり何回観ても、まったく飽きるどころか、もっと観たくて観たくて仕方なくなる人達だわー、ほんとにもう。

こっから本編終了までは、大好きな曲連発ということで、もう、思い残すことのないように歌いまくり、ヘドバンしまくり、燃え尽きました。傍から見たら、完全にヤヴァイ人だったと思います、自分でも。

赤坂でもどっぷり陶酔していた"Night~"のときは、なんか、もうEcstasyって感じの領域に突入したことをハッキリ覚えてますね、ハイ。
ミカエルさんとヘドバンのタイミングを合わせてたら、なんかいろんなものが勝手にシンクロしちゃう、、、みたいな、もう、いろんなものが溶け出していくような、不思議な感覚を覚えました。
いやぁ、ここまで全身全霊が痺れるような、酔いしれるような感覚は、もしかしたら、初めての体験かもしれないです、本当に。

アンコールが始まるまでの間、もう、このまま時が止まって欲しいという想いで胸がいっぱいに。
いやだー、終わらないでー。。。

そんな私の気持ちをはぐらかすように、ペルのキーボードで「猫ふんじゃった」をふざけて弾いてみせるミカエルさん。
しまいには、オーディエンスのコールに応えて"Burden"のフレーズまで!!

"Burden"もミカエルさんには激しくリクエストしていた曲なんだけど、「まだ1回もリハしてないから今回は無理だねー、次回やるから」と言ってたので、やっぱり演奏ヨレヨレ(^^;)
オーディエンスもまだ歌詞覚えてなくて、大合唱とはならず。
まあ、この曲は合唱するような曲じゃないし、ミカエルさんの美声をうっとりと聴き惚れるためにあるような曲だからね。
MCでも次回やるって約束してたから、来年あたり、また戻ってきてくれるでしょう!

アンコールの"Drapery~"は、ヘドバンも程ほどに、この光景を少しでも長く脳裏に刻もうと、瞬きすら勿体ないって感じで、ステージをじっと見つめてました。うえーん、もう、泣きそう(>_<)

ほんっとーに、楽しくて、幸せな1週間だったな~。。。
この曲が終わるときにきっと私の人生も終わっちゃいそう。。。
・・・って終わらなかったけどさ!(^^;)

最後、オーディエンスのもとに寄ってきたミカエルさんの手をガッチリ握ってきました(^^)

いやー、ほんとに終わっちゃったよ。なんか、客電ついてもボケーっとしてた。
結局、セットリストの紙もゲットできず、おもむろに会場を後にする。

まあ、この後もいろいろあったんだけど、それは割愛します。

てなわけで、また懲りずにヨーロッパ行っちゃいそうな気がしてならない今日この頃です。
ていうか、まじで行く気です、ほんとに。
ええい、もう破産覚悟だ!って感じ。

じゃあ、最後に、3日間のセットリスト書いとくね。

1. Intro("Through Pains To Heaven" by POPOL VUH)~Heir Apparent
2. Master's Apprentices
3. The Baying of the Hounds
4. Serenity Painted Death
5. To Rid the Disease
6. The Lotus Eater
7. Bleak
8. The Night and the Silent Water
9. Deliverance
10. Demon of the Fall
- Encore -
11. The Drapery Falls

#ほんとは最終日、"Grand Conjuration"やるつもりでリハまでしてたらしいけど、時間切れだったみたい。残念(>_<)
関連記事



ごぶさたしています。私もOpethの名古屋と大阪見に行ってました。どちらでも"I love you, Mike!!"という声が飛んでたのはよく聞こえていたのですが、Shieldさんだったのですね。

ライブ終了後にワンフロア下の楽器屋でミカエルに遭遇して、ストラトを買っているのを生で見ました。ライブの間、買おうか買うまいか悩んでたのでしょうか(笑)

Grand Conjuration聞きたかったな…。
次回の来日に期待ですね。
【2008/09/05 13:59】 URL | あきひる #-[ 編集]

>あきひるさん
お久しぶりです。
大阪と名古屋、両方行かれてたんですね!

いやぁ、ほんとスミマセン、2日続けてアホなこと叫んじゃいまして(>_<)
お恥ずかしい限りです。
でも、自分的にはいい想い出になりました(^^;)

ライヴ後にミカエルさんと遭遇されたんですね!
ほんとに終わって速攻買いに行ったんですかねぇ。
日本じゃないと手に入らないような貴重なストラトだったんでしょうか。

まあ、"Grand~"は前回の来日でもやってるし、個人的には他にも聴きたい曲が山ほどあるので、同じく次回の来日に期待してます♪
【2008/09/06 01:54】 URL | Shield #-[ 編集]

ぎゅうぎゅうのエレベーターに乗っちゃうミカエルさん…
最高笑わせて頂きました。
面白い上に何だか自由な方なんですね~。

しかしあの密閉された空間に一緒に乗ってると想像しただけで、私、吐きそうです(死)。

全公演のレポ、楽しく拝読させて頂きました!
有難うございました。
どれもステキです。
文章お上手ですし。

改めて、お疲れ様でした~~♪
【2008/09/06 11:11】 URL | メタリカーナビッチ #-[ 編集]

>メタリカーナビッチさん

> 面白い上に何だか自由な方なんですね~。

そうですね~、なんか、世界中で人気あるミュージシャンのはずなのに、そういう気取りがまったくない人って感じでしたねぇ。
まあ、そんなところがまたミカエルさんの魅力だったりするわけですが(^^)

> しかしあの密閉された空間に一緒に乗ってると想像しただけで、私、吐きそうです(死)。

ええ?!吐きそうって、そんな!
接近できる大チャンスなのに!(^^;)

> 全公演のレポ、楽しく拝読させて頂きました!

いやいや、こちらこそ読んでいただいて、どうもありがとうございました。
ステキだなんて言っていただけて、嬉しい限りです。

しばらくお互い興奮がさめないと思いますが、ほんとお疲れさまでした!
【2008/09/06 18:51】 URL | Shield #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 My Life As A Metaller, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。