ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/--(--) --:--
スポンサー広告
もぉー、ホンっト、今日、行って、良かったぁぁぁ~!!!

Lovexサイコー!!
たった50分位のライヴだったと思うけど、素晴らしかった!感激した!
昨日はやっぱリハだったとしか思えない。
もー、やればできるんじゃん、この子達ったら!(^^)

ハイ。
というわけで、めちゃくちゃテンション高いです、ほんとにもう。
これ書いてる今も、顔が微笑んじゃって仕方ないです(^^)

だって、ねぇ。
昨日のリヴェンジをここまで鮮やかに果たしてくれるとは、本当に期待以上ですよ。
会場が小さくて臨場感あった分、余計に感動を全身で受け止めたような気がして、物凄い充実感に満たされています。

じゃあ、今日は時系列レポいってみたいと思います!


18:45
会場着。場内、やっぱ客入りイマイチだな。
フロアは半分ぐらいしか埋まってない。後方はかなりまばらに人がいる感じ。
昨日、Liquidで前売り買ったら60番台で、「まさか、60人ぐらいしか集まってないんじゃ、、、」なんて話をしてたけど、さすがにそこまで少なくはないが、まあ、200人、、、いるかな?ぐらいのレヴェル(^^;)


19:00
今日はAri君が最初。
ワタシ的にはもちろんLovexがトリなので、Ari君は前座的なスタンスでのんびりと。

暗転後、昨日もかかってたのかな、覚えてないけど、荘厳なSEがかかるから、一瞬、これLovex?!って思っちゃった。
昨日と同じく"Don`t Try To Break Me"でスタート。
2曲目からまた新曲だもんなぁ。どうやら昨日と一緒のセットリストらしい。

2日目だからか、狭い会場だからか、メンバーは昨日よりリラックスした雰囲気。
途中、「昨日も来た人~?!」ってギターが皆に質問して、大半が手を挙げたので、「ここにいる人達は皆友達だぜー!」なんていう場面も。
もうひとりのギター(ディー・スナイダーっぽい方)なんて、曲の途中にプライヴェートなデジカメ持ってきて記念撮影してたからね(^^;)

Black Sabbathのリフ弾いたり、Bon Joviのキーボードのフレーズ弾いたりするたびに、「おっ、カヴァーやるか?!」と期待したんだけど、結局やってくれなかったなぁ。。。
「何が聴きたい?言ってごらん」ってディー・スナイダー(^^;)が言ったとき、誰かが「Stratovarius!」なんて答えたからかなぁ。
私、とっさに思いつかなかったんだよねー。「Metallica!」って言えば良かったな。

確か昨日やらなかった曲で今日だけやったと思われるのは"Stay True"。
これは私も結構好きな曲なので、ちょっと嬉しかったけど、かーなり、苦しそうだったね、Ari君。
やっぱりまだ長時間ライヴで歌うのは慣れてないのかな。
30分強が限界なのかも。

昨日と同じく"Hear My Call"でエンディング。
やっぱりこの曲が一番いいね。


19:45
もうステージはセットチェンジ始まってるのに、名残を惜しむメンバー達。
Ari君はギター弾かないのに、なんでピック投げてるんだ?
昨日もピックやらサイン入りポストカードやら、節分の豆まき状態だったもんなー(^^;)


20:00
昨日はめちゃめちゃセットチェンジ早かったけど、今日はちょっと時間かかってるね。
暗転したのは20:05~20:10ぐらいだったかな?
もうドキドキし過ぎて時間とか覚えてないや。

昨日見てギターは俄然サミー(ステージ向かって左側)の方が巧いなってことがよくわかったので、プラス、ヴィヴィアン(ステージ向かって右側)は好みのタイプではない(^^:)ので、左側に移動。
前から3列目ぐらいだったけど、まあ、近い近い。メンバー目の前よ。

昨日も流れてたSEから、まさかの"If She's Near"が始まったときは、「きゃあぁぁー、きたよこれ!!!」って感じで狂喜乱舞。
だって昨日、ちょうど「なんで新作の1曲目からスタートしないんだろー。あれ、かっこいいオープニングなのにぃ~。。。」って文句言ってたんだもん、私。
いやー、出だしから、音の出も良いし、念入りにサウンドチェックしたか、今日は?!

噂によると、昨日は初の来日公演だったせいか、物凄くメンバー、緊張していたんだそうな。
今日は会場の規模がちょうど良いのか、ほんと伸び伸びとパフォーマンス出来てるような気がする。
私も熱心なファンの女の子達に混じって前方で観てるせいで、熱気が物凄い。1曲目から汗かきまくり。

間近で観ても、ソーン(Vo,)はもちろんかっこいいんだけど、サミー、やっぱいいわ!
あの、フィンランドにフツーにいそうな眼鏡のルックスと、ギターリフを弾くときのワイルドな動きのギャップが何とも言えず、可愛らしい(*^^*)
髪の乱れ具合を気にしながらギターをプレイする、ナルシストのヴィヴィアン(^^;)とは対照的だわ。

2曲目に"Bleeding"がきて、もー、昨日より流れも全然いいじゃんよー!!って感じ。
もう大声で歌いまくり、跳ねまくり、汗だくですわ。

後ろの方がどうだったかわかんないけど、オーディエンスの盛り上がりっぷりにメンバーも満足げ。
ソーンは「アリガトー!」連発。

昨日は消化不良だった"Anyone, Anymore"も、存分に盛り上がれて、もうこの時点で言うことなしですよ、奥さん!
う・れ・し・い!

全身全霊で喜びを表現していたら、サミーが私に向かってピックを投げてくれた!
うわ!キタ!と思って、かがんで足元を探してたら、後ろからニョキっと手が出てきて、「あれ、拾ってくれるのかな」と思ったら、なんと横取り!
えっ!と思ってそいつの顔見たら(たぶん私より)若い女で、「ふふん」って笑って、連れの男と大ハシャギ。
むっかー!!凸(`⌒´メ)凸

いや、でも、ここでこんなこと思ってる場合じゃない、大好きな"Anyone, Anymore"を楽しまなくては!と思い、無理やり立ち直る。
かなりダメージ食らってるけど、もう仕方ない。
その後も「サミー、もっかい投げて!」って念じてたけど、結局、その想いは届かず。。。(号泣)

私、これまで一体何回ピックを取り損ねてるだろう。。。
ペトはもちろん、サシャ、マイケル・アモット他、明らかに自分に向かって投げられたピックを目の前で横取りされた経験、数知れずだよ。。。(涙)
ひそかにピックキャッチの練習でもしようかしら。。。(←ちょっとマジ。)

・・・ふぅ。

ちょっと話がそれましたが(汗)、途中、ソーンが「暑いなー。ちょっとクールダウンしよう」って、"Time And Time Again"をプレイしたときは、オーディエンスも一緒に休憩モードって感じ。
ほんっと、暑かったからねー、前方。
押し合いがなかったから、まだ良かったけど、何度か目の前の女子の長髪がヘドバン時にビシビシ当たってきてね、、、髪結んでくれんかな、、、って感じだったよ。。。(T_T)

最後の方でソーンが「次は新作から1stシングルの曲だ。何かわかるよね?」的なことを言ったので、すかさず"Take A Shot!!"、そしてラスト「これで最後だ、、、(手を耳に当てながら)曲は、、、」と言うので、"Guardian Angel!!"と2回も大声で叫んだのは私です、ハイ(^^;)
だって、日本人、こういうとき、何も言わないんだもーん。
バラードのときもまったく腕上げたりしないしさー。

昨日の盛り上がりが物足りなかった"Shot!"の掛け合いも、さすがに前方の女子は皆さんタイミングばっちりですね。皆でジャンプ!ですよ。そうそう、これこれ、みたいな(^^)
もう、今日は思い残すことないなー!

"Guardian Angel"も大合唱で、ほんと燃え尽きました。大満足。
終わったのは確か、、、20:50とか?
外に出て時計見たとき、21:00だった気がする。


しっかし、ほんっと、今日来て、良かったよー!
これでドリンク代込み4400円だったら安すぎだよー!
素晴らしいライヴをどうもありがとー!
昨日の消化不良なんて、吹き飛んだよー!
早くまた日本に戻ってきてねー!
今年は(去年キャンセルしたのに!)Tammerfestに出るらしいけど、さすがにタンペレまで行けないからー!
#・・・でも、今日のライヴで、ちょっと行きたくなった、というのが本音だったり。。。もちろんお金ないから無理ですが!

ライヴDVDリリースしてくれないかなぁ~。

プリテンド・オア・サレンダーPretend Or Surrender
(2008/05/21)
Lovex

商品詳細を見る
関連記事

2008/05/31(Sat) 01:52
Live Review | trackBack(0) | Comments(0)

















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 My Life As A Metaller, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。