ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/--(--) --:--
スポンサー広告
んもー、RodGabサイコー!!!!!

ほんとに素晴らしいライヴだった!!!
あんなに近くで観れて、ホント幸せ!!
チケット譲ってくれたSさん、本当にどうもありがとう!!!

というわけで。

9月に一耳惚れ(?)して以来、観たくて観たくて仕方なかったRodGabのライヴ、遂に観ることができました。
まだまだ興奮冷めやらずって感じですが、時系列レポ、いってみたいと思います!


16:55
雨の中、DUOに到着すると、すでに沢山の人。
老若男女、バラバラな客層だなぁ。50~60代と思われる中年女性とか、かなり意外かも。
全体的にわりと普通の格好した人が多い。ややオシャレ系?
革ジャンにMetallica Tシャツ着てるメタラーなんて、私ぐらいかも(^^;)

はじめ、間違ってO-EASTの列に紛れそうになったら、なんかアイドルのファンクラブ限定イヴェントか何かだったらしく、同じ柄のTシャツだかグッズだか持ってる男子が集結してた(!)


17:05
開場。私は今回、整理番号100番以内という良番をGetできたので、わりと早く入れて、限りなく最前に近い2列目やや右寄りの位置を陣取ることに成功。
場内にはPink Floydがかかってる。

DUOと言えばステージが低くて見にくいことで有名だけど、RodGabの場合、椅子に座っちゃうからもっと見えなくなることを考慮してか、ステージ上にさらにステージが組んであって、見やすくなってた。

私のそばの(低い方の)ステージ上にはエフェクターが用意されている。
なに、エレキでも弾くの?!


17:55
開演まで特にすることもなく、ぼーっと周りのオーディエンスやステージを観察していたんだけど、突然SEがToolの"The Pot"に変わったので、反応してしまう私。
気がつくと、2階席の手すりも見えなくなるぐらい、人だかりができていた。
それまではインド系とかジャズ系とか、かっこ良いけど、いまいちノレない音楽がかかってたので、Toolになった瞬間、気分が高揚してしまう私。ひとりでノリノリ。
・・・と、だんだんヴォリュームが大きくなって、場内暗転!
へー!Toolがオープニングって、やるな、RodGab!

満員御礼ということで、ギュウギュウに潰されるの覚悟だったんだけど、客層がいつもと違うせいか、まったく押されない。あら。
どさくさに紛れて最前進出を狙っていたので、肩透かし。
まあ、2列目でも周りは女子ばっかりで、視界を遮られることもなさそうだから、まあ、いいか。

2人がステージに現れると、大歓声。
1曲目はジャムみたいな感じで、たぶんアルバム未収録曲。
ていうか、その後もセットリスト、全然思い出せません(^^;)

とにかく2人のプレイに釘付けで、特にガブリエラのパーカッシブ・プレイには、開いた口が塞がらないぐらい、あんぐり。
あれは尋常じゃないですよ、本当に。
生で観ても、何が起きてるかよくわからない。凄すぎる。本当に。
思わず「すげー」って、つぶやいちゃったもん。

アコギ2台しかないはずなのに、どう聴いても、パーカッションが他にいるようにしか聞こえない。
時にはエフェクターも使うから、ベース弾いてるみたいに聞こえたりするときもあり。
やっぱ生の迫力は全然違うわ。
とにかく圧倒されまくり。

ガブリエラは日本語のMCを準備してきていて、話し方が本当に可愛い。
英語もたどたどしいけど、さらにたどたどしい日本語(^^)
でも、曲間には毎回メロイックサイン!

ていうかね、2人とも(特にロドリゴ!)ほんとメタル・バンド出身だわーって思えるアクション満載で、私は嬉しくて仕方なかった(^^)

ときにロドリゴは立ち上がって低いステージに降りてきて、アコギのままエフェクター使ってプレイしたりするんだけど、オーディエンスの煽り方とか、"Hey!"を促すとことか、いちいちメタルっぽい(^^)
"Sandman"やら"Smoke On The Water"やら、"More Than Words"やら、ジミヘンやら、いろいろ散りばめてくるし。

まあ、でも、ほんとMetallicaに対する反応悪かったですねー。
"Sandman"に反応して叫んだの、私だけだったんじゃないかな。
#私のスクリームを聞いたロドリゴがニヤっとしたのは見逃さなかったぞ(^^)

"Orion"も"One"もやってくれたのがホント嬉しくて、特に"One"の中間部の「ダカダカダ、ダカダカダ」っていう、あれ、なんていうの、ドラムがかっこいいとこ、あれをやって欲しくて仕方なかったので、そのパートになったときは私、狂喜乱舞って感じだったんだけど、周りはシーン、みたいな。
おい!!って感じだよねー、まったくさ。
その後、ギターソロ弾いてくれなかったじゃんよー、もう。
#たぶんオーディエンスの反応が悪かったからソロを弾かなかった訳ではないと思うけどさ。

そういう意味では、Floydの"Wish You Were Here"を歌えなかったこと、ものすごーく反省しています。。。
まさか日本でもやるとは思わなかったよー。歌えた人、ほんと偉いと思う。
ロドリゴ、「OK・・・」って苦笑いしてたもん、皆歌えなさ過ぎて。
まあねー、今日の客層にFloyd好きなんて、一割いればいい方って感じだもんねぇ。
しかし、飲んでたビールの瓶でスライド・ギターとか、ロドリゴ、かっこ良すぎだよ!!!

あー、やっぱ、海外で観てみたいなぁ、彼ら。
彼らの音楽って、聴いてるだけで、意識しなくても身体が動き出す感じじゃないかと思うんだけど、そういうノリがやっぱりイマイチなんだよねぇ、日本だと。
ひとりであんまり騒ぎすぎてもアレだから、控えめにしてたけど、私ひとりでクラップしたり、声援したりしてる場面、結構あったような気がします。
最後の方こそ、皆で手拍子&大歓声、半袖Tシャツでも汗ばむぐらいの熱気だったけど、終始、あんな感じだったら良かったのになー、みたいな。

最後はガブリエラも立ち上がってたけど、ロドリゴは、ソロ・タイムあたりからほとんど立ち姿勢のプレイばっかりだったね。
座ってられないって感じだった(^^)
ちょうど私の目の前の位置で"Master Of Puppets"のイントロ弾いたときは、私のTシャツ(MOP柄)見えてる?!とか思ったもんね。
"Stairway To Heaven"も良かったなぁ。

あー、もう1回観たい。
やっぱ、彼らのためだけにフジロック行くしかないかなぁ。

最後、ロドリゴが「ピックいる人~?」って感じのジェスチャーしたとき、一瞬、手出すのが遅れて貰えなかったのがめちゃくちゃ悔しい。
あれ、頑張れば手渡ししてもらえる位置だったのになー!
#さすがにメタル・バンドとは違って、最後にピックはばら撒かないらしい。

なんか、ほとんどレポになってないけど(^^;)、ショウを締めくくるSEはAC/DCの"For Those About To Rock"。
もー、ほんとにメタルなんだから!(^^)

まじで楽しすぎ。
今度はラテンな人がもっといる場所で観てみたい、本当に。


19:35
あーあ、終わっちゃった。
寂しい気持ちでいたら、目の前にカメラがいた。
あー、今日、ずっと撮影してたんだよね。どこで使われるんだろ。
私にカメラが向いたから、思いっきりメロイックサインしといた(^^)

・・・こんなに笑顔になるライヴって、なかなかないよなー。
ほんと、幸せだー(^^)

・・・と、私と同じTシャツの男性発見。
向こうも「お!」って顔したから、「Metallicaの曲、盛り上がらなくて残念でしたねー!」って話しかけてみた。
彼も「Floydも全然歌えてなかったですねー」って。スイマセン、私も歌えてなかったです。。。


そういえば、最後、ガブリエラが明日タワレコで会いましょうって言ってたね。
もちろん私は整理券ゲット済みですが、明日急遽行くことにした人、多そうな予感。

んー、これはしばらく余韻たっぷり引きずりそう。
彼らって歳いくつなんかなー。
なんか、自分とルーツが近いような気がしてならないんだけど。
明日、サイン会でそのへん話せるといいなー。
関連記事

2008/03/31(Mon) 02:12
Live Review | trackBack(0) | Comments(0)


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 My Life As A Metaller, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。