ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/--(--) --:--
スポンサー広告
一応、Job For A Cowboyもいますが、スペシャルゲストということで、タイトルから割愛(^^;)

さっき一眠りして元気になったので、今日は久々に時系列レポ行ってみようかな。

15:15
ほんとは開場までに会場に着こうと思ってたんだけど、起きたの13時だったし、ダラダラ支度してたらすっかり遅くなっちゃった。
すでにArchの新作ジャケットTシャツ着て気合入った感じの若い男の子がいっぱいいる。
ここ最近、ちょっとお疲れモードなので、ずっとフロアにいる自信はまったくなく、TAKさんと一緒に2階最前で観ることに。

16:00
定刻通り暗転。Job For A Cowboyって、相当若いバンドみたいね。
Gigantourでまわってるってことは、ムス様に気に入られたのかな。
グロウルとスクリームのみのVo.と、ブラストビートを駆使したドラムと、、、って感じで、基本はデスメタル。でも、メタルコアっぽさもあり。
演奏は悪くないんだけど、淡々と似たような曲をプレイし続けるので、曲を知らないこっちはだんだん飽きてくる。。。しまいにはウトウト居眠り。。。
日本のオーディエンスは優しいので、ちゃんと腕挙げたり、盛り上げてあげてました。
もうちょいツアー経験を重ねるうちに、魅せどころのあるバンドになれるよう、頑張ってね、って感じ(←偉そう。)

16:30
JFAC終了。すぐさまセットチェンジ。
ステージ前半分しか使えないのはShadows Fallも一緒のようだ。
若干、大きめのドラムセットにチェンジされたぐらいで、後ろ半分に組んであるステップと高いところに準備されてるドラムセットはArch用みたい。

上から見てるとフロアの人の動きがよくわかっておもしろいなぁ。
下に降りて様子見てみたけど、すぐに気持ちが萎えて2階に戻ってしまった。

16:50
暗転と同時にAC/DCの"For Those About To Rock"が流れて、「あら、Helloweenと同じオープニングじゃないの!」と、ドキドキ。いやーん、思い出しちゃうじゃない、、、と思ってたら、曲の途中でバンドがジャーン!と演奏を始めるオープニング。お、なんか、思ってたよりオールドスクール・メタルバンドっぽいぞ。

Vo.のブライアンの超ロング・ドレッド・ヘアに釘付け。
ヘドバンすると、歌舞伎の連獅子並みに、半径1メートルぐらい髪がまわっとる(^^)
JFACの後だから余計にバンドのパフォーマンスの巧さが引き立つなぁ。一瞬で引き込まれたよ。座ったまま観てるのが申し訳なくなったぐらい。

曲はなんとなく知ってるレベルだけど、思ってたより今風じゃないのね!(←褒め言葉です。)
メンバーも素朴な青年って感じで。
毎回、ブライアンが「ギターヒーローはこいつだぜ!」って感じでジョナサンのギターソロ・パートを盛り上げるのにも好感が持てた。しかもジョナサン、かなりギターがピロピロ系。'80年代の香りがぷんぷんしますよ。

途中、ドラム・ソロでかなり盛り下がったけど、いつもやってるの?
この手のバンドでドラム・ソロって珍しいよね。

17:35
1時間ぐらいやるのかなと思ってたけど、サクっと終了。アンコールもなし。
あれー、短くない?
以下、セットリストをコピペ。

1.SE:For Those About to Rock(We Salute You)@AC/DC(Intro)~Redemption
2.Venomous
3.The Light That Blinds
4.Burning The Live
5.Thoughts Without Words
6.Enlightened By The Cold
7.Ds Solo
8.Failure Of The Devout
9.Forevermore
10.The Great Collapse(SE)~Destroyer Of Senses
11.What Drives The Weak

私はまだ下に降りようかどうしようか迷っていたけど、Shadows Fallが終わって、なおいっそうフロアの混みっぷりが上から見ててわかったので、このまま大人しく2階で観ることに。
Archぐらいは立って観よう。

18:15
バックドロップが新作のアルバムジャケに換わり、ドラムセットを覆っていた布もはがされ、中央と左右にはお立ち台がセットされている。今までのArch来日公演のなかでも一番でかいステージセットなんじゃないかな。

ようやく暗転して、アルバムのオープニングと同じSEが流れ出し、ダニエルが登場。
いやーん、こんなにダニエルの姿がよく見えるArchのライヴって初めてよ。
ダニエルは最近の私の好み路線ど真ん中!って感じの人なので(^^)、今日の熱い視線の先は、基本、ダニエルでした(はぁと)

メンバーがぞろぞろと登場し、弦楽器3人組は上下黒に赤の腕章という、"Revolution Begins"のPVと同じスタイルであることに気づく。なんかかっこいいぞ!こういう演出、好き♪
気になるアンジェラの衣装は、今日は白のつなぎ。パンツスタイルです。途中、お色直しもなかったね。

1曲目から新作の曲を持ってきてくれたので、ちゃんとラウパーとは違うセットリストだわ、とちょっと安心。間髪入れずに"Ravenous"、"Taking Back My Soul"と続いたのも良かったね。
2階ながら、手すりにつかまってヘドバンしまくり!
アンジェラ、お立ち台で煽りまくり!

メンバー、絶好調だねぇ。
ダニエルのドラムは相変わらず安定感あるし、シャーリーはラウパーよりちょっとリバウンドした感じ(^^;)だけど、動きがデカイから見てておもしろいし、マイケルとクリスのコンビネーションはバッチリだし。

2階から見てると、メンバーが入れ替わり立ち代わり、お立ち台とか後ろのステップとかをしっかり使いこなしてよく動いてるのがわかって、Archはずいぶんビッグなバンドに成長したんだなぁ、と感慨深かった。
高田馬場ESPホール地下の最前で観たの、結構最近な気がしてたけど、あのときよりも随分スケールが大きいショウをこなせるようになってるよね。

今回はファンからリクエストでもあったのか、アンジェラ加入前の曲が意外と多くてビックリ。
"Dark Insanity"とか、「あら、こんなのやるんだ?!」って感じだったもんね。
個人的には新作からもっと聴きたかったんだけど!
日本の映画にインスパイアされた曲、というアンジェラのMCで始まった"The Day You Died"はアルバムの中でもかなり好きな曲なので、ひとり狂喜乱舞でした。

ダニエルのドラム・ソロは、他のドラマーとは違って、休憩タイムにならずに引き込まれる何かがあるんだよねぇ。今日もじっくり鑑賞させていただきました。
今回のソロは、DVDにも収録されてるパターンと基本一緒だったけど、バックに音楽かかるせいか、すごくエキサイティング。
アレンジ、手さばき足さばき、(そして見た目も)かっこよすぎです!!!

そのままRainbowの"Stargazer"に繋がったときは、思わずTAKさんと二人で「ををっ?!」となってしまいましたよ(^^)脳内にロニーの歌声が流れたのは言うまでもありません。
ダニエル、やっぱりコージーのドラム・ソロを意識してるのかな。
#って、本人に聞いてみれば良かった・・・!!

後半のハイライトは"Intermezzo Libert"ね!
これはもう、ほんと素晴らしかった!
マイケルのフライングVを弾く姿が神々しい・・・!胸にキュンキュンきます。
やっぱりこの兄弟じゃないとダメよ、ダメなのよ。
Carcassのときからこの人のメロディアスなソロが大好きだった私としては、感無量。

"Enemy Within"から始まって"Nemesis"で締めるアンコールの流れも素晴らしかった。
今回、セットリスト、ほんとよく出来てる。
前回、ラウパーで観たときの消化不良なんて嘘みたい。
アンコール前から2階にいても汗かくぐらい場内の熱気が物凄いのに気づいてたけど、特に"Nemesis"での場内の一体感は本当に言葉にできないぐらい凄くて、中間のブレイク・パートとか、上からオーディエンスの揃ったフィストバンギングを見てるせいか、ちょっと鳥肌ものでした。
私も全身全霊で"Hey! Hey!"とフィストバンギング。
あー、こういう瞬間があるから、ライヴに来るのがやめられないのよね~。

2ndアンコールではメンバー全員、B!のトロフィーを持ってきて感謝のご挨拶。DVDシューティングにはもってこいの演出だね。だからクレーンカメラとか回ってたんだー。
写真に写るはずないのに、2階席でメンバーと一緒にポーズ。
#メンバーが演奏に戻るとき、トイズの宮本さんが必死で全員のトロフィーをかき集めて袖に引っ込んでいったのがちょっとおもしろかった(^^)

いつものごとく"Fields Of Desolation"が流れると「あー、これで終わりかー」と寂しい気持ちになるけど、今日は満足感でいっぱい!
臨場感という意味では、2階席だったのでちょっと冷静に観てしまう部分もあったけど、メンバー全員、くまなくよく見えて良かったし、何より快適♪
押されることもなく、汗びっしょりになることもなく、じっくりライヴに集中できて良かったです。

以下、セットリストをコピペ。

1.Intro(SE)~Blood on Your Hands
2.Ravenous
3.Taking Back My Soul
4.Dead Eyes See No Future
5.Dark Insanity
6.The Day You Died
7.Christopher G Solo
8.Silverwing
9.Night Falls Fast
10.Ds Solo
11.Stargazer@RAINBOW(Intro)~Burning Angel
12.Intermezzo Libert
13.Dead Bury Their Dead
14.Vultures
[Encore 1]
15.Intro(SE)~Enemy Within
16.Snow Bound
17.Shadows And Dust
18.Nemesis
[Encore 2]
19.We Will Rise~Fields Of Desolation(Outro)

20:00
会場外に出て、眼鏡が崩壊した(!)いい音さんと遭遇。相当、前で観てたらしい。しかも中央。
上から見てても、かなりモッシュピットとかクラウドサーフとか起きてたもんね。。。
他にも眼鏡がいくつも落ちてたらしい。。。
私も以前、(確かジョン・サイクスの)スタンディングのライヴにハードのコンタクトレンズをして行って、ライヴが終わったときには片方入ってなくて、半泣きで会場を後にしたことがありますが、この手のバンドは特に、使い捨てコンタクトレンズの使用を強くお勧めいたします(^^;)

・・・と、皆が絶対に写真を撮って帰るStudio Coastの看板付近に、見覚えのあるドレッド発見。あら、ブライアンじゃない。
ちょうどバンに乗り込んでホテルに戻るとき、ファンと交流してたらしい。
すかさず話しかけて、髪について質問。
特にケアとかしてなくて、普段はほったらかしで、普通に洗ったりもできるらしい。でも、伸ばすのに15年かかったって・・・!
寝るときとか、かなり邪魔そうだよねぇ。。。

・・・なんてことはさておき。
今回はShadows Fallも良かったし、Archも素晴らしかったし、とってもお得感のあるライヴでした。

もう、Archをもっと小さなハコで観れることはないのかな、、、と思うとちょっと寂しいけど、これだけ良いショウを魅せられる人達なので、仕方ない。
またラウパで戻ってくる説なんかも出てるみたいだけど、個人的には次はCarcassで!!!
ダニエルにもマイケルにも強くお願いしておきました。
#「まだわからん」って言われちゃったけど。。。
関連記事

2008/03/09(Sun) 05:12
Live Review | trackBack(0) | Comments(4)



僕は川崎公演だけ行ってきました。新木場は事情で行けませんでした。

クリスの4m前で観られました。彼はすぐ前で起こったモッシュに「OH!」とびっくりしてました。。

AEは5月にはNYでも演るみたいですね。都合が合えば行ってみようかな(笑)
【2008/03/10 06:51】 URL | koji #F9ckFCGU[ 編集]

>kojiさん
またもやレスが遅れてしまいました。スミマセン。

川崎、行かれたんですね。
平日仕事後にスタンディングで3バンドは厳しくなかったですか?

新木場は上から観てた感じだと、クリス側の方が若干すいてましたね。やっぱり兄の方に皆行っちゃうんでしょうか。

そう、5月、微妙にPNとずれてる時期にライヴやってんですよねぇ、AE。セットリスト変えてくるのかなぁ。
【2008/03/13 02:28】 URL | Shield #-[ 編集]

はじめまして。Hiroと申します。(男性です。)
私も@STUDIO COASTに行きました。
私は1Fスタンディングで見てましたが、
メタルのライブで、こんなに女性が大勢いるのは
初めて見ました。やっぱし、アンジェラさん効果ですかねー。
ARCH ENEMYももちろん素晴らしかったですが、個人的には、一度、生でSHADOWS FALLを見たかったので、あのブライアンの超ロングドレッドを生で見れて感激しました。
それから、最初のJobさんのドラムの人、上半身を動かさずにあれだけのブラストビートが叩けるなんて、ただもんじゃねーなーって、驚かされました。
ライブ終了後、連れと一緒に渋谷の某ロックバーに行きました。
(ライブで配布されていたチラシに入っていたロックバーです。)
(私の周りにはメタル好きな人は誰もいないので、いつもは一人でライブに行くほうなのですが、今回は珍しく連れがいました。)

来店後、しばらく連れとお酒を飲みながらお話していたら、なんと!SHADOWS FALLとJobさんのメンバー全員が来店してきました。
(21:45頃だったと思います。)
思わず、「SHADOWS FALL!」と叫んでしまって、ブライアンと握手してもらいました。
「今夜、さっき、あんたのライブ見たばっかだよ。すげーよかったよ!」って英語で話しかけたら、「Thanks」って簡単に笑顔で返されました。
ブライアンは自分のすぐ隣の席に座ってくれましたが、真近で見る超ロングドレッドはやっぱし、迫力がありました。
連れがもう帰らなきゃってことで、長居はできませんでしたが、ついさっきまでステージに立っていた人が、自分の目の前にいるなんて、凄過ぎるー!って感じで、素敵な一時を過ごすことができました。
jobさんのドラムの人にも、握手してもらいましたが、鍛えてるんだなーって思えるくらいの太い腕でした。こんな鍛えられた腕からあれだけの高速ブラストビートが繰り出せるのは納得かなと思いました。
【2008/03/27 14:04】 URL | Hiro #LobDWBa2[ 編集]

>Hiroさん
はじめまして!ようこそいらっしゃいました。
気合の入ったコメント、ありがとうございます(^^)

1Fはそんなに女性多かったですか。みんなタフだなぁ。

シャドフォとカウボーイは普通に飲みに行ったんですね!
貴重な場に居合わせられて、良かったですね~。
【2008/03/29 03:28】 URL | Shield #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 My Life As A Metaller, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。