ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/--(--) --:--
スポンサー広告
いやー、ついに終わってしまいましたよ、DT祭りが。
しかも、blogを更新しようとしている今の時点で、すでにライヴから24時間以上経過してしまっているという。
マニアにとってはあり得ない事態なんですが、このblogに書くライヴ・レポは、後から自分で読み返して、「あれー、こんなだったんだ」って思いたいという超自己満足のためのものなので、しっかり時系列レポ、行かせていただきますですよ。

長文ですので、読みたい方だけどうぞ!
(以下、時刻はうろ覚え。)

17:30
Last.fmで知り合って、今日が初対面のイタリア人ふたりを神楽坂観光に連れて行った後、そのまま武道館に連れてくる。
彼らは別にダイハードなDTファンとかいうわけではなく、仕事のついでにフラっとDTライヴを観に来たという、わりと普通のオジサン達(失礼!)
でも、ご飯をおごってもらったとき、それは申し訳ないと言ったら、「イタリア人は女の子にお金なんて払わせないんだよ」と言われ、さすがじゃ!と思ってしまった(^^)
まあ、そんな彼らと「また後でね」と挨拶し、私はグッズ売り場に並ぶ。

17:45
列はわりとサクっと進み、事前にFanfireでチェックして「これは欲しい!」と思っていたパーカー(7000円)とパンフ(2000円)を購入。あとでパーカーは売り切れてたらしい。やったね♪

18:15
その後、DT仲間と合流したり、久々の再会を喜んだりしていたら、すっかり席に着くのが遅くなっちゃった。席でRadioCity Tシャツに着替えたり、厚底スニーカーに履き替えたり。

18:30
まだ心の準備もできてないうちに(たぶん)映画「サイコ」のサントラ(確か、2004年の武道館のときも同じ曲だった気がする、違ってたら誰か指摘して!)が流れ、「うわー、もうはじまっちゃうよ!」と、心臓バクバク。なんてったって、その前の晩、ドキドキし過ぎて眠れなかったぐらいですから(←馬鹿)。

18:35
最近すっかり恒例のオープニングビデオが流れ、すでに泣きそうに。ていうか、泣いてたか。
なんか感動するんだよねぇ、毎回。いろんな想い出が蘇ってくるからかな。

ジョーダン、マイキー、マイアン、ペトの順に楽器陣が登場して、場内大盛り上がり。当然、私の視線はペトに釘付け、、、なんだけど、ちょうど2,3列前に背の高い人がいて、その人にペトが隠れないよう、自分が前に動いたり後ろに動いたり、結構大変。
1曲目が何で始まるかは、韓国公演のセットリストをチラ見してしまったせいでわかっていたのだけど、(たぶん)映画「2001年宇宙の旅」のテーマソング(?)をインストで演奏するとは知らなかったので、「へぇ、でも、なんで?」と思ってしまったり。

うーん、やっぱり新曲より、"Never Enough"の方が個人的に盛り上がっちゃうよなぁ、、、なんて思っていたのも束の間、ジョーダンがあまりにもあまりにも聴き慣れたイントロを弾き出して、「うわぁぁ~!!!」って感じ。
そう、「やっぱI&W完全再現はやってくれないんだー」っていう「うわぁぁ~!!!」と、このイントロが生で聴けた喜びの「うわぁぁ~!!!」。
またラブのヴォーカルが前回のツアーに引き続き、神懸かり過ぎてて、もう。涙がぶわぁーって感じですよ。
ペトのヴィブラートが相変わらず胸にキュンキュンくるしで、もうどうしていいかわかりません。

そんな感動の余韻に浸ってる隙も与えずに間髪入れず、"Dark Eternal~"が続いたのは良かったね。一転してヘドバンモード!みたいな。
この曲はねー、ライヴで聴いて、かなり好きになった曲。
アニメの面白さも勿論あるんだけど、インストパートとか、ほんっとかっこよかった。かなりライヴ向きの曲なんじゃないだろうか。
あとで話してたら、はじめ、操り人形をマイアンだと思った人が多数いて爆笑。マイキーの唾攻撃も、ファンにとっては笑いのツボでしたね。

ていうか今回、映像、むちゃくちゃ凝ってるんですけど。かなりの曲でイメージビデオが流れてたし。
やっぱりアリーナ・バンドに向かって、脱皮しようとしてるんですかねぇ。
RushとかPink Floydみたいになりたいんですかねぇ。

私は全っ然、気づかなかったんだけど、ステージに蟻さんとか、信号機があったんだってね。一体どこ見てたんだよ、って感じですが、自分。
さすがに道路標識みたいなのと、街灯には気づいたんだけどなー。

ジョーダンのキーボード・ソロから、デレクのソロと言えばこれでしょ、というぐらい聴き慣れたあのフレーズが流れてきて、ちょっと新鮮な気分に。
#デレク、Blue Murderで来日したときのキーボード・ソロも、このフレーズ弾いてたぐらいだからね。

"Lines~"はFIIの中でも結構好きな曲。ライヴで聴くの、超久々だけど、歌詞がスラスラ口から出てきて自分でもビックリ。やっぱ新作とそれ以外のアルバムだと、聴き込み度が遥かに違うのよねぇ。新作の歌詞はほとんど読んでないから、かなり適当に歌ってたもん。
しかし、マイキーのビートが気持ちよかったなー、この曲。
前回の武道館は2階席だったんだけど、アリーナで聴いても、この抜け感というか、「マイキーの音」にちゃんとなってるのは凄いなと思った。
そういう意味では、ペトのクリーントーンもそうなんだけどね。

"Forsaken"はライヴで聴くと、さらにキャッチーな曲だなぁ、と再確認。皆で一緒に歌うのに最適ね。
噂のアニメPVは、、、どうなんでしょ。主人公の男子がペトに見えて仕方なかった私です。

"Ministry~"で、ちょっとダレたかなぁ感はあったものの、後半のインストパートで盛り返し、15分のインターミッションへ。

19:50
なんか、あっという間だったなー、一時間ちょい。
韓国のセットリスト、ちゃんと見なかったけど、ここまではまったく同じだと聞き、なんかガッカリ。このまま全部同じになっちゃうのかなぁ。

インターミッションの間はチェロ版DTがかかってました。
開演前のOpeth、Porcupineといい、マイキーのこだわりが伺える部分です。

20:05
暗転してすぐにペトが姿を現したので、すかさず「ジョーーーーン!」と叫んでみた。本人は特に反応せず。いいの、叫びたかっただけだから。
"Enemies Part Ⅰ&Ⅱ"は元々結構好きだったから良かったけど、その後の"Home"の方で俄然盛り上がってしまう自分。これまた何度も聴き過ぎて、歌詞がスラスラ出てくるよ。腕を上げるタイミングもバッチリさ。
あまりに張り切って拳を突き上げてたら、マイキーが私の方に向かって、いつものドラムスティック指しをやってくれたような気がした。(←いいの!気がしたんだから!ほっといて!)

"Misunderstood"とは渋い選曲だねぇ。まあ、好きだけど。あんまり聴き込んだつもりないのに、やっぱりスラスラ歌詞が口から出てくるし、完璧に曲展開を身体が覚えてる。

"Take The Time"は、ジョーダンがイントロを奏でる前のメロディラインで、あ!と思ったので、ひとりフライングしてはしゃいでしまった。
もー、マイキー、この盛り上がりを見てよ!
日本のオーディエンスがいかにI&Wが好きかわかるでしょ?
ここぞとばかりに大声で歌う野郎達が周囲に沢山いましたよ。
ラブも前とは違って、しっかり高いキー出てるし。(若干、フェイクはあったけど、全然許せる範囲。って、お前何様じゃって感じだけど。)

あれー、なんかこれ、本編終了っぽい感じなんですけどー?ちょっと早くないかー?と思ってたら、案の定、本編終了。

ほとんど間を空けずにジョーダンが登場。
え?まさかここからアンコール?
この感じ、なんか急かされてる感じがして、嫌な予感。

でも、ペトがあの私の大大大大大好きなギタープレイを始めたので、いきなりトリップ。まさに嬉し泣き状態。顔はニヤけて仕方ないのに(ていうか、ライヴ始まってから、ほぼ顔が緩みっぱなし)、音に陶酔し過ぎて意識を失いそうな感じ。
あああああー、"Trial Of Tears"、私、大好きなんですよー。まさかこの曲をまた武道館で聴けるとは思ってなかったー。確か前回、プラチナ時にリクエストしたような気がするぞ、自分。

ラブたんが"New York City"を"Tokyo City"に替えて歌ってくれたーなんて喜んだのも束の間、メドレーだから次の曲に行っちゃうのね。
これさー、ちょっといいとこどり過ぎっていうか、いいとこに行く寸止めで次のとこに行くみたいな焦らされ感?がやだよー。
全部聴きたいのー!!!みたいな。

"Octavarium"のあのエンディングがきて、RadioCityの感動が蘇りつつも、ええ?これじゃぁ、ほんとに終わっちゃうジャン!って思ったら、やっぱり終わりで。
まあ、もう1曲ぐらいやるでしょ、と思ってたら、メンバー全員、挨拶しはじめて。皆でお辞儀とかしてるんですけど!

いや、絶対また出てくるよね?ね?なんて思ってたら、客電つきやがった!なにー?!ほんとにこれで終わりかよ?!みたいな。

21:30
確かに開演からジャスト3時間ですよ、でも、なんですか、この物足りなさは。
腹6分目ぐらいか?
いや、わかってますよ、贅沢だって。
でも、DTに関しては、あまりにハードルが高くなりすぎちゃって、ちょっとやそっとじゃ満足できなくなってる気がする。
前回のツアーだって、福岡、東京3回、NYと、5回も観てるんだもん。たった1回きりの武道館じゃ満足できるわけない。

寂しさのあまり半泣き状態で会場を後にする。

22:00
スタッフの猛烈な「帰れ」攻撃に押され、何とか集結したDT仲間達で打ち上げ会場に向かう。
まあ、皆の感想も似たり寄ったり。
しかし、2004年の武道館のときはひとりで来てひとり寂しく帰ったのに、今じゃこんなに仲間が沢山いるって凄いことだよね!

私なんて歩いて帰れるのに、みんなDTのためにはるばる日本中からやってきて。
素晴らしいよ、このDT愛。

ここんとこ、飲み会でこんなにテンション高くなること、皆無だったんじゃない?っていうぐらい、自分、テンション高すぎました。

もういい加減、レポも長くなってきたので、あとは私信で。

結局、解散したのは翌日の3時で、私が寝たのは4時半。
今日は1日中、仕事やる気が出なくて、夕方ぐらいまでフワフワしてました。(←ただ眠かっただけ、という噂も。)

この後、アジア、オーストラリアと海外遠征される方も多そうですが、私はさすがに休みとれないので、Opethとのツアー観にアメリカ行きます!
4月、5月あたりだったら、もしかしたらGWとぶつかるんじゃないかと期待してます。
#飛行機代は高いけど、休みは取りやすいだろうから。

そうそう、ライヴの間、プロジェクトの打ち上げのことなんてすっかり忘れてたんだけど、今日、会社でどんな感じだったか聞いてみたら、ぶっちゃけ系の人からは「ライヴ行って正解だったと思うよ」とのお言葉が。

やっぱねー、どう考えたって、仕事<DTに決まってるじゃないのーって感じですよね。
Opethとのツアー観に行くときは、仕事辞めなくて済むようにしたいけど、どうなるかわからんなー、とか言ってみたりして(爆)

DT仲間の皆さん、一緒にアメリカ観に行きましょうねー。
関連記事



お疲れ様でした!

終演後の打ち上げは楽しかったですね~
散々ブログの『ダメ出し』をしてしまったので、
責任感を感じて『1番レス』とさせていただきますw

打ち上げの時にも話させていただきましたが、
ある意味、DTが次のステージに向かっている
感があったLiveでしたね・・・
でも、ここ何回かの来日では演奏していない曲も
数曲あって、個人的にはかなり満足したLiveで
ありました!

次は、アメリカでお会いしましょう!
【2008/01/17 02:07】 URL | マイク・ポットノイ #-[ 編集]

どーもです。
ちょこっとしかお会いできませんでしたが、
次の日気にしてすぐ帰っちゃいました…(^o^;)

選曲については皆さんと大枠同じ意見です。
が、やっぱりSCもライブで聴いたらかっこよかったです。ペトルーシのギターは完全に次のステップに行こうとしてますね。同じギター持ってるんですが、あんな音絶対でません♪

やっぱりDT最高です(*^o^*)
休みは取れませんが、可能な限りライブ行こうと思います。。あとはブートで♪
【2008/01/17 07:00】 URL | Mark #6mhiDe5.[ 編集]

お疲れ様でした!楽しいレポ読ませてもらいました。
僕みたいにライブは年一回なんて奴には満足の行くライブでしたけど、Shieldさんのようなコアなファンには武道館一度きりでは全然足りませんよね。
次の遠征記を期待しております(早
【2008/01/17 15:51】 URL | 合奏屋 #XO1QcXfI[ 編集]

お疲れでした~

ライブ・レポ読んでてあの感動がまた呼び起こされてしまいました
またお会いしましょう
【2008/01/17 20:37】 URL | kazubin #-[ 編集]

お疲れ様でした。
1回のライヴで全部見るのが、どんだけ大変か久々に感じました。
皆さんのレポを見て、気付かなかったことが多数あり、あちゃーって感じです。

腹6分目は、同感です。
最後のメドレーをそれぞれフル演奏してくれれば、満腹だったと思うけど、時間足り無すぎですね(笑)

2年前の福岡は3人だったのに、凄い数になりましたね。
再来年は、100人かな?

翌日4:30に起きて、6:00には羽田にいました。
札幌にも9:00に着いたのですが、帰宅してダウン。
結局、会社も休みましたとさ(笑)

【2008/01/17 23:02】 URL | いい音 #j3T/fhN6[ 編集]

待ちに待ったライヴはあっという間でしたね。
音も良かったし、ぺト&ラブの表情も良く見えたしね。
未だに興奮冷めやらずでSC聴きまくりです。
"Octavarium"ではホントNY公演の感動が蘇ってしまったわ。

あと、パーカー着ているの見たらすごーく欲しくなってしまったので、売り切れと聞いてかなりショック。
【2008/01/18 01:49】 URL | tiffany #K2iEwY7k[ 編集]

>ポットノイさん
そんな、責任感なんて感じないでください(^^;)
ダメ出しされたなんて、全然思ってないですよー。
だから、路線変更するつもりもないですよー。
はい、次はアメリカでね!

>Markさん
いろいろお話できず残念でした。
次回はライヴ後に30人ぐらい(?)集結できる店を予約しとかないとダメですね。
ペトの音、ほんっと、素晴らしかったです。
chの音源聴いても、胸が苦しくてたまらないです。
エフェクターとか機材とか以外にも、やっぱり本人の腕次第ってことなんでしょうか。
ま、まさか筋トレの成果?!(爆)

>合奏屋さん
結局、お店に合流させていただいちゃって、どうもありがとうございました。
楽しいレポと言っていただき、光栄です。
合奏屋さんだって、充分コアだと思いますけど!(^^)
私も早く次の遠征記が書きたいです。
【2008/01/18 03:10】 URL | Shield #-[ 編集]

>kazubinさん
感動を呼び起こしちゃいましたか!うふふ(^^)
またそちらの方面に遠征があるときは、立ち寄りますねー。

>いい音さん
複数回観るのが当たり前になっちゃいかん、もっとありがたみを感じなされ、ということなんでしょうかねぇ、やっぱり。
私はメンバーの動きばっかり観てたんで、仕掛け系はほとんど見逃してますよ。。。
そうだ、オフ会の原点は福岡でしたね!なんか懐かしい。
一応、顔と名前が一致するぐらいのコミュにしておきたいなぁ、なんて。
あまり無理せず、たまには自分に甘くてもいいと思いますよ♪(←私は甘すぎですが。。。)

>tiffanyさん
ライヴ以外も、いろいろお疲れさまでしたー(^^)
前回の来日時ほどではないですが、燃え尽き症候群状態であることに変わりはありません。。。
ライヴ、ほんと「あっ」という間でしたねぇ。
普段だったら、3時間立ってたら足痛いとか疲れたとか思うはずなのに、そんなこと全く思わなかった。
イタリア人はローマで4時間のライヴ観たらしく、羨ましすぎ。
あれ、結局パーカー買えなかったんでしたっけ?Fanfireで買えますよ。買い逃した他の人達と一緒に買えば、送料節約できるかも。私もレディースT、気になってるし。
【2008/01/18 03:25】 URL | Shield #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 My Life As A Metaller, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。